コロナ禍の自粛期間 オリンピアン同士のリモート交流が新たな刺激に

コロナ禍の自粛期間 オリンピアン同士のリモート交流が新たな刺激に

コロナ禍の自粛期間で日本屈指の実力を付けた選手も(写真は陸上長距離・新谷仁美。時事通信フォト)

 新型コロナウイルスが世界的に大流行したことで、東京五輪は1年延期となった。大会が延期になっただけでなく、人との接触を減らさねばならなくなったため、トレーニングも思うように出来ない日々も続いた。だが、コロナ禍における自粛期間が、アスリートの“進化”を促すこともある。

 東京五輪で初めて実施される空手の「形」で出場が内定している清水希容(27)は、自宅の稽古場で、遠方にいるコーチにリモート指導を受けながら研鑽を積んだ。

「自分を見つめ直すきっかけになったし、空いている時間が増えた分、陸上の飯塚翔太選手(29、リオ五輪男子4×100mリレー銀メダリスト)や、女子ラグビー、フェンシングの選手たちとリモートで自粛期間中のトレーニングなどについて、意見交換できました」

 オリンピアン同士の交流が新たな刺激を生むというのだ。

 コロナでスポーツイベントが停滞するなか、陸上界では男女ふたりの長距離ランナーが驚愕の自己ベスト更新を果たした。

 2014年の引退、OL転身(13kgの体重増)を経て、2018年に現役復帰し、見事なカムバックを果たしたのが新谷仁美(32)。12月の日本選手権女子1万mで、渋井陽子が保持していた日本記録を28秒以上も更新する30分20秒44で優勝した。

 また東洋大4年だった2020年1月の箱根駅伝ではエース区間の2区で、区間記録を大幅に更新した相澤晃(23)も大躍進をみせる。12月の日本選手権1万mで27分18秒75という日本記録を樹立、代表に内定した。

 陸上の花形である男子100mは、日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(21)に、前記録保持者の桐生祥秀(25)、小池祐貴(25)の9秒台トリオが先行するが、リオ五輪以降不調が続いていたケンブリッジ飛鳥(27)が20年シーズンは復調。3年ぶりに自己ベストを更新した。山縣亮太(28)、多田修平(24)、飯塚らと6月の日本選手権までの代表争いで火花を散らす。もはや日本は、短距離後進国ではない。

レポート/柳川悠二(ノンフィクションライター)と週刊ポスト取材班

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

関連記事(外部サイト)