箱根往路優勝、総合2位の創価大・榎木監督が明かした「スカウティングと宗教」

創価大学駅伝部・榎木和貴監督がスカウティングへの宗教の影響に関する質問に回答

記事まとめ

  • 創価大学駅伝部・榎木和貴監督がスカウティングへの宗教の影響について質問を受けた
  • OBから高校生の情報が提供されたことはあるが、強化は予算の範囲で行っているという
  • また、選手に入信の義務はないが、学会員が喜んでいるというニュースは目にするらしい

箱根往路優勝、総合2位の創価大・榎木監督が明かした「スカウティングと宗教」

箱根往路優勝、総合2位の創価大・榎木監督が明かした「スカウティングと宗教」

往路優勝の立役者のひとりとなった5区の三上選手(時事通信)

 2021年の新春スポーツを彩ったのは、4度目の箱根駅伝で往路優勝(総合2位)を果たした創価大学と、全国大学ラグビー選手権で初の日本一に輝いた天理大学だった。

 創価大は創価学会、天理大は天理教と密接に結びつき、大学スポーツにおける新興ならぬ“信仰勢力”といえる。とりわけ創価大駅伝部の榎木和貴監督は2019年2月の就任からわずか2年弱で大躍進して結果を残した。独占取材に応じた榎木監督はレース前に掲げていた「総合3位」の目標を上回る快挙をこう振り返った。

「コロナ禍によって活動の制限を余儀なくされるなか、純粋に箱根で戦いたいという選手の気持ちが練習に表れて、この結果に結びついた。期待を超える走りを頼もしく感じています」

 1区の福田悠一(米子東)が区間3位と冷静な走りでスタートすると、エース区間・2区のフィリップ・ムルワ(ケニア・キテタボーイズ)、3区の葛西潤(関西創価)が2位で好走し、4区の嶋津雄大(都立若葉総合)がトップに立ち、山登りの5区を走った三上雄太(遊学館)がトップを守りきった。

「すべての区間が往路優勝のポイントでした。5区に襷がつながった時点で、2位と1分42秒差あった。三上が普段通りの力を出せば、往路優勝が見えると思いました」

 復路では9区までトップを維持し、ラストの鶴見中継所の時点では2位の駒澤大に3分19 秒差をつけていた。しかし、最終10区を任された小野寺勇樹(埼玉栄)が徐々に失速し、残り約2qの地点で駒澤大に逆転を許した。レース後、榎木監督は総合優勝に届かなかった要因を「指導力不足」と話していた。

「9区まではほぼ100%、選手が力を出し切ってくれましたが、10区については本人の必死の頑張りが結果に結びつきませんでした。小野寺の力を100%引き出すことができなかった点は、やはり私の指導力不足です。小野寺には『この悔しさを一生、忘れるな。でも、卑屈になることはない。この悔しさをバネにして成長すればいい』、そう伝えました」

 宮崎の小林から中央大に進学した榎木監督は、4年連続で箱根を走り、4年連続区間賞を受賞した。旭化成でレース生活を終えると指導者に転身。トヨタ紡績などの指導者を経験し、陸上のエリート街道を歩んできた。

 しかし、創価大はそうした榎木監督が在籍した名門の大学、企業とは異なり、新興のチームだった。

「大学周辺には坂が多いので地の利を活かしたトレーニングができ、屈強な足腰が作れる環境が整っていると感じました。就任当初は、箱根出場を2年続けて逃していたこともあり、選手一人ひとりが箱根で走りたいという強い想いを持っていた。力を出し切れていない選手もいて、隠れた能力を引き出してあげることで、箱根も絶対に戦える。伸びしろの大きいチームだと思いました」

 創価大では1990年頃からスポーツ推薦入学制度を活用し、近年は東京の創価高校、大阪の関西創価高校という系列高校以外のランナーにも積極的に声をかけてきた。そして、2016年には初めてのケニア人留学生となるムソニ・ムイル(現JR東日本)も入学した。2021年は創価大にとって創立50周年となる。この記念の年に向けて、スカウティングにも力が入ったに違いない。

 かつて甲子園で躍動した高校野球の名門・PL学園(大阪)は、母体となるパーフェクトリバティー教団の教会ネットワークを駆使して有望選手の情報を集めてスカウティングに活用し、特待制度で選手を迎え入れる資金は教団信者からの寄付が充てられていた。創価大も創価学会からそういった支援はあるのだろうか。

「スカウティングに関しては、他の大学同様、駅伝部から全国の高校の先生にアプローチをしています。創価大OBの方から、『良い高校生がいる』というような情報が提供されたことはありますが、駅伝部の強化は大学の予算に計上されている範囲で行っています」

 箱根駅伝を終え、創価大では既に新チームが始動している。新主将には、今年の箱根で5区を走り、優勝のテープを切った三上が就任した。

「昨年のチームスタート時は、目標の『総合3位』はハードルが高いと正直思っていました。練習を重ね、秋のレース以降は多くの選手が自己ベストを更新し、それが自信となって大会前には力さえ発揮できれば達成できると思えるようになりました。確かに、掲げた目標を達成できたことは嬉しいですが、最後に逆転されてしまった。大舞台の経験が少なく、細かい部分を詰め切れていなかったからだと思います」

 さらに三上は、創価大を選んだ理由を「体験入部で雰囲気が良かったから」と話し、大学で「考える力が備わった」と続けた。

「駅伝はチームスポーツですが、レース中は自分自身で判断しなければならないことも多い。一人ひとりが主体的に取り組む創価大のやり方が、力を発揮できた要因だと思う。この結果に満足することなく、来年の箱根でもチャレンジ精神を忘れず、一丸となって頑張りたい」

 2015年の初出場から4度目にして往路で優勝し、総合2位となったことを、創価学会の機関紙である聖教新聞はこんな見出しで報じた。

《総合2位 開学50周年飾る快挙》

 創価大への入学にあたって、選手に入信の義務はなく、榎木監督も「宗教を問うことはしておりません」という。しかし、聖教新聞紙上で創立者の池田大作名誉会長や学会員が喜んでいるというニュースは目にしたという。

「創価学会の方のみならず、全国の応援してくださっている皆さんの期待に少しでも応えることができたのであれば幸いです」

 国内の新宗教は、どこも信者の高齢化と共に信者数が減少傾向にあり、新規の信者獲得に苦心している。系列の大学・高校のスポーツにおける活動が、宗教団体に灯火をもたらしているとは言えるだろう。

■取材・文/柳川悠二(ノンフィクションライター)

関連記事(外部サイト)