稲垣啓太、リーチマイケルらラグビーW杯で桜を背負った男たちの現在

稲垣啓太、リーチマイケルらラグビーW杯で桜を背負った男たちの現在

「桜の戦士たち」は今どうしてる?(写真提供=つのだよしお/AFLO)

 日本中を熱狂のうずに包んだ2019年のラグビーワールドカップ。我々を夢中にさせた桜の戦士たちは、いま、どうしているのか。複数のチームで関係者が新型コロナウイルス検査の陽性判定を受けたため開幕が延期となったラグビートップリーグだが、そこで活躍が期待される選手たちについて、元日本代表で解説者の大西将太郎氏に聞いた。(カギカッコ内の発言は大西氏)

●桜ジャージを脱いでも“笑わない男”

稲垣啓太(30)
パナソニックワイルドナイツ PR

「ケガも少なく、ワークレートも高い鉄板の選手。33歳で迎える次のW杯でも柱となるべき存在」。昨年6月には元ミス日本グランプリ美女との交際が報じられ、公私ともに順調のようだ。

●世界に負けない“強いスクラム”を支えた
堀江翔太(34)
パナソニックワイルドナイツ HO

「一緒にプレーした経験がありますが、代えが利かない選手。個人的に日本代表のMVPに推したい」。トレードマークのドレッドヘアは、愛妻から薦められて始めた。

●主将の重責から解き放たれた
リーチマイケル(32)
東芝ブレイブルーパス FL/No.8

「ケガを治して万全の状態で臨む。代表主将の重圧から解き放たれ、プレーに集中できる環境でのラグビーに注目」。19年12月、母校・札幌山の手高にリーチマイケル像が寄贈された。

●“松本人志似”でも話題に
中島イシレリ(31)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ PR

 W杯では終盤に出場し、チームを勢いづける役割を担った。「パワーだけではなく、走力も兼ね備えた世界基準のプロップ」。昨年10月、大学時代を過ごした茨城・龍ケ崎のふるさと大使に就任。

●瞬時の判断に優れた“小さな巨人”
田中史朗(35)
キヤノンイーグルス SH

 W杯3大会に出場したベテラン。「純粋にラグビーを楽しむ姿を見てほしい」。W杯後のパレードの涙がファンの胸を打ったが、泣き虫ラガーマン≠フ愛称でも呼ばれるように。

●フランス1部リーグで活躍

松島幸太朗(27)
ASMクレルモン・オーヴェルニュ(フランス)WTB/FB

「2023年のW杯が開催されるフランスでの活躍は日本代表にとって非常に大きい」。ロックダウンを経験し、自宅とクラブハウスを往復する日々を送った。

●父親はラグビー韓国代表
具智元(26)
Honda Heat PR

「次回W杯の中心になるべき選手。彼のスクラムによってHonda Heatの戦い方が変わってくる。注目の1人」。ファンからは「くまのプーさん似」とも言われる愛されキャラ。

●NZでもジャッカルは通用するか!?

姫野和樹(26)
ハイランダーズ(ニュージーランド)に加入予定 FL/No.8

 次世代のキャプテン候補。「ニュージーランドへのチャレンジで、さらに成長し、その経験を日本代表に還元してほしい」

●医学との“二刀流”は今季まで

福岡堅樹(28)WTB 

 7人制ラグビーでの東京五輪出場を目指していたが、コロナにより断念。医師免許取得を目指し、今季限りで現役引退予定。「ぜひ、福岡選手の最後の走りを見てほしい」

●NZで家族と牧場経営に勤しむ

トンプソンルーク(39)LO 

 W杯4大会にわたり、日本を支え続けた選手。W杯後に引退し、昨年2月に故郷・ニュージーランドに戻り、農園を営んでいる。自らトラクターを運転することもある。

取材・文/山川徹(『国境を越えたスクラム』著者)

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)