天理大の大学ラグビー日本一 天理教の沈滞ムードに光を射した

天理大の大学ラグビー日本一 天理教の沈滞ムードに光を射した

天理大学は関西勢として36年ぶりの大学日本一になった(時事通信フォト)

 箱根駅伝のダークホースとして大会を盛り上げた創価大学、そして全国大学ラグビー選手権で明治や早稲田といった名門を撃破して初優勝を果たした天理大学。両校は「宗教団体」を母体とする。なぜ教団はスポーツ教育に力を入れるのか──。『永遠のPL学園』(小学館刊)の著者でノンフィクションライターの柳川悠二氏が裏側に迫った。(文中敬称略)

 * * *
 創価大学が総合優勝まであと一歩の快走を見せた箱根駅伝から8日後の1月11日、全国大学ラグビー選手権の決勝に臨んだ天理大が、早稲田大を55対28で破り、同校として初めて、関西圏の大学としては1984年の同志社大以来2校目となる日本一に輝いた。

 1925年の建学と同時に創部されたラグビー部を率いるのは、天理高校のOBである小松節夫監督(大学は同志社)。昨年8月、天理大ラグビー部では部員62人が新型コロナに感染するクラスターが発生し1か月間にわたって練習が禁止された。苦難の末にたどり着いた初優勝の喜びを小松監督はこう表わした。

「我々だけでは乗り越えられなかった。大学、天理市民の皆さんのおかげで(活動を)再開できた。恩返しができて喜んでもらえることが嬉しい」

 宗教団体名が自治体名となっている奈良県天理市では、午後2時になると街中でサイレンが鳴り響き、信者は足を止めて教祖殿の方角を向き、静かに礼拝を始める。午後2時は1887年に教祖・中山みき氏が亡くなった時刻とされる。

 建学からスポーツに力を入れてきた天理大では、付属校とともに柔道部、ラグビー部、野球部が「天理スポーツの3兄弟」と呼ばれ親しまれてきた。

 体育学部のキャンパス内には柔道部などが練習する立派な武道館があり、大学と高校それぞれが総合運動公園規模の広大な練習施設を持ち、多くの運動部が専用グラウンドで汗を流す。

“長男”の柔道はこれまで五輪3連覇を果たした野村忠宏氏やシドニー銀メダリストの篠原信一氏などを輩出。柔道一家に育ち、実父が天理高校柔道部の監督を務めた野村氏は2015年の現役引退時、教団の次期トップである中山大亮青年会長に引退報告をしたと報じられた。

“三男”の野球では、1986年に天理高校野球部が夏の甲子園決勝で松山商業を下し、初めて深紅の大優勝旗を手にした。この年は教祖の没後100周年となる「教祖百年祭」の年にあたり、スカウティングに力が注がれた代であった。

 創立50周年に向けて強化を図った創価大と同様に、宗教団体としての節目の年にスポーツで結果を残すことで、信者に勇気を与え、祝祭を彩りたい思惑があったのだろう。

 天理高校に通う生徒は、創価高校とは異なり入信が義務付けられており、練習中に2時のサイレンが鳴ると、たとえバッティング練習中でも中断して「四拍手一礼」の所作で黙祷を捧げる。

 一方、大学には入信しなくとも進学可能だ。ある時筆者が、息子を大学から天理に進学させた親族に話を聞くと、「入信の義務はありません。だって、うちは創価学会員ですから」といわれたことがある。

 大学選手権の決勝に進出したラグビー部も、スターティングメンバーに天理高校出身者は3人だけだ。

「“2時のサイレン”で練習を止めるかは、各クラブの指導者によるようです。ラグビー部も基本的には礼拝をしますが、さすがにスクラムを組んでいる時には止めない。そこは臨機応変に。天理大生の信者はおよそ6割程度といわれています」(大学選手権決勝に訪れていた天理大ラグビー部OB)

 毎年、天理市では1月5日から7日にかけて「お節会」と呼ばれる年始イベントが開催されており、ラグビー部のユニフォームと同じ黒色の法被を着た天理の中高生であふれかえる。ところが今年は中止となり、教祖殿の周りにも人気は少なかった。

 天理教に限らず、新宗教の団体の多くは信者の高齢化と共に新規信者が伸び悩む。天理市のこの侘しさは、コロナの影響が大きいとはいえ、新宗教が置かれた現状を如実に表わしていた。

 だが“次男”のラグビー部の日本一がこうした沈滞ムードに光を射した。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)