日本を背負い母国に敗れた 南ア出身ラグビー日本代表の「愛と誇り」

日本を背負い母国に敗れた 南ア出身ラグビー日本代表の「愛と誇り」

母国南アフリカとの対戦にはどんな思いが?(写真=AP/AFLO)

 2019年のラグビーW杯の準々決勝で、日本代表は強敵・南アフリカ代表に敗れた。ベスト4を狙う大事なこの試合を、それとは別の意味で特別な思いで迎えていたのが、南アフリカ出身の日本代表選手だ。日本を背負って母国と戦った2人の選手の思いとは──。『国境を越えたスクラム』(中央公論新社刊)の著者・山川徹氏が取材した。

 * * *
 桜のジャージを着て戦う16度目のゲームに対して、ヴィンピー・ファンデルヴァルトは特別な気持ちで臨んでいた。

「相手がとても強いことは分かっていた。すごく緊張しましたね」

 南アフリカ出身のヴィンピーにとって、W杯準々決勝の相手は母国。“スプリングボクス”の愛称で親しまれる代表チームに、ヴィンピーも子どもの頃から「めちゃくちゃ憧れていた」からだ。

「昔から仲がよかった選手も出場していました。結果は残念でしたが、世界トップとの差は詰められた。W杯で日本の代表として応援してもらいながら南アと戦えたのは、光栄で幸せでした」

 ヴィンピーが日本ラグビーを知ったのは、2011年W杯。ボールを早く動かすラグビーに衝撃を受ける。

 2年後に来日し、NTTドコモでプレーを続けるうち日本代表が目標となった。ラグビーのスタイルが自分に合っていると実感したからだ。

 W杯の舞台は6年間暮らした日本。2人の娘も日本生まれ。だからこそ、南ア戦直後のコメントには素直な実感がこもる。

「日本のために全力を尽くしたことを、誇りに思っている……」

 今シーズン、日本戦で2トライを奪った南ア代表のマカゾレ・マピンピが、ヴィンピーと同じNTTドコモに加入した。

「彼はとても気さくな人で、よく話しますが、あの試合については話していない。だって、いまもまだくやしいからね」

 コロナ自粛中、南アに一時帰国した。知人たちは「あんなにハードワークできるチームはほかにない」と口々に賞賛する。ヴィンピーは“日本代表の誇り”を改めてかみ締めた。日本だけでなく、世界中のファンに愛されているんだな、と。

 W杯中、ヴィンピーと同部屋となり「ベスト8のさらに上へ」と話したのが、ピーター“ラピース”ラブスカフニだ。

 ラピースも南ア出身。W杯全5試合にフル出場し、ときにはゲームキャプテンをつとめた。ラピースは母国との対戦をどう受け止めていたのか。

「スプリングボクスだと意識せず、いつも通りの結束とハードワークで、みんなが誇りに思えるような戦いをしたかった」

 そんなラピースと日本ラグビーの出合いが“ブライトンの奇跡”だ。

 2015年W杯。日本は南アと対戦した。ロスタイムに入り、南ア3点リード。セオリーならキックで同点を狙う場面で、日本はスクラムを選択。トライを奪い“史上最大の番狂わせ“を演じた。

 母国のバーで観戦していたラピースは「歴史が生まれた」と感じた。

「最後まで勝利を目指しスクラムを選択した勇気に感動しました。勇敢さが日本の文化なのかと」

 南ア代表候補に選ばれるが、出場機会が得られない。そんな時期、クボタからオファーが届く。

「ラグビーを続けられる時間は長くはない。新しい世界を見たいと日本行きを決意しました」

 やがてクボタでの活躍が認められ、日本代表に。初めての合宿に驚く。

「すでに“ONE TEAM”の基礎がつくられていたのです。様々な背景を持つ選手たちが、日本の代表として同じ目的を共有する準備ができていた。多様な考え方、価値観からたくさんの選択肢が生まれ、武器になる。ダイバーシティが日本代表の強みとなっていた」

 活動自粛を経て、新たなシーズンへ。ラピースは「また日本代表に呼んでもらえるよう、全力を出し切る」と語った。

「私は母国も日本も、同じくらい愛しています。もう一度、人生をやり直せたとしても、また日本代表としてプレーしたいと考えているんですよ」

【プロフィール】
ヴィンピー・ファンデルヴァルト/1989年1月6日生まれ、南アフリカ共和国出身。2013年よりNTTドコモレッドハリケーンズに所属。

ピーター“ラピース”ラブスカフニ/1989年1月11日生まれ、南アフリカ共和国出身。2016年よりクボタスピアーズに所属。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)