「中継ぎ投手」地位向上の歴史 横浜の厳冬更改、岩瀬・藤川の登場…

「中継ぎ投手」地位向上の歴史 横浜の厳冬更改、岩瀬・藤川の登場…

新人時代の中日・岩瀬仁紀は中継ぎとしてリーグ最多の65試合に登板(1999年。時事通信フォト)

 先発完投が当たり前だった昭和のプロ野球では、投手がリリーフの役割を与えられることは「降格」と考えられていた。その潮目を変えたのは、江夏豊の存在だった。阪神のエースだった江夏は、南海にトレードされた後に野村克也兼任監督に口説かれ、抑えに転向。その後、移籍先の広島、日本ハムに栄冠をもたらし、セパ両リーグでMVPに輝いた。江夏は1983年からの2年間7800万円(推定。以下同)で、球界最高年俸の地位に座った。

 優勝請負人と呼ばれた男の活躍で、リリーフの役目は徐々に見直されていった。しかし、抑えより前の回を任される中継ぎは低く評価されたままだった。野球担当記者が振り返る。

「落合博満が中日の提示額を不服として調停にかけた30年前の1991年、球界の年俸ベスト20入りしたリリーフ投手は郭源治(中日)のみでした。1992年も郭のみ(1億円・6位タイ)で、前年の日本一である西武の鹿取義隆が8200万円で22位、セ・リーグ覇者の広島の大野豊が7500万円で27位。当時は今以上に打者のほうが稼いでいる時代で、ベストテンの中に投手は郭と桑田真澄(巨人)の2人しかいません」(以下同)

 完投数を見ると、2020年はセ・リーグが36、パ・リーグが19しかない。一方、1991年のセは200、パは234に上っている。当時、リリーフが年俸ランキングで上位に入らなくても仕方なかった側面もあるかもしれない。1990年代半ばになると中継ぎの出番が多くなり、1996年に中継ぎ投手の賞が新設された。

「中継ぎを表彰しようという案がシーズン中の7月に出ました。しかし、セパの足並みが揃わず、セは『最優秀リリーフポイント投手賞』で河野博文(巨人)、パは『最多ホールド投手賞』で島崎毅(日本ハム)が受賞しました。名称が違うことからもわかるように、両リーグで評価方法が異なった。しかも、セは連盟表彰ではなく特別表彰で、賞品は100万円相当のパリ・ペア旅行。中途半端な印象が拭えませんでした」

 1998年、中継ぎの台頭がクローズアップされる。横浜の抑えの佐々木主浩が防御率0.64とほぼ完璧な投球を見せて45セーブでMVPに。9回に繋ぐ島田直也、阿波野秀幸、横山道哉、関口伊織、五十嵐英樹など中継ぎ陣が貴重な役割を果たし、チームは38年ぶりの日本一に輝いた。わずか8完投での優勝は、完投至上主義のプロ野球界に衝撃を与えた。

「それなのに、オフの契約更改は荒れました。もともと960万円と安かった横山は1440万円アップの2400万円になりましたが、島田、阿波野、五十嵐は保留。関口は一発サインも現状維持の3800万円。佐々木は1億7000万円アップの5億円なのに、中継ぎ陣は低く抑えられました」

 54試合6勝2敗1セーブ防御率2.36の島田は1000万円増の8400万円、50試合4勝1敗0セーブ防御率4.67の阿波野は1600万円増の4000万円、40試合5勝2敗1セーブ防御率2.61の五十嵐は800万円増の6000万円とアップ額は少なかった。

「五十嵐は中継ぎとして異例の3年契約を結び、3人とも出来高払いが付いたとはいえ、納得いかない面もあったでしょう。翌年の成績は揃って悪化。島田、五十嵐は防御率5点台、阿波野は6点台と前年の活躍の面影はなく、チームは連覇を逃しました。オフには、佐々木がシアトル・マリナーズに移籍。年俸が大幅アップしたチームの顔は1年で去り、低額に抑えられた中継ぎ陣は輝きを失った。契約交渉の難航だけが不振に結びつくわけではありませんが、1つの要因にはなったはずです」

 翌年、中継ぎの低評価を覆す例が出てくる。中日の新人・岩瀬仁紀は抑えの宣銅烈に繋ぐ中継ぎとしてリーグ最多の65試合に登板し、10勝2敗1セーブ防御率1.57をマーク。11年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

「年俸は1300万円から4200万円に上がりました。前年の新人である高橋由伸(巨人)と同じアップ額で、先発で14勝を挙げた川上憲伸(中日)より100万円少ないだけ。中継ぎが正当に評価され始めた先駆けでしょう。岩瀬は2003年、中継ぎ専門で初の2億円に達した。中日が岩瀬を評価したことで、中継ぎの地位は向上していきました」

 2004年の球界再編によって、翌年から交流戦が始まり、ホールドの基準もセパ同じになる。評価がわかりやすくなった同年、阪神はジェフ・ウイリアムス、藤川球児、久保田智之の鉄壁リリーフ陣『JFK』を擁して優勝。日本新記録(当時)の80試合に登板した藤川は最優秀中継ぎ投手(救援勝利7とホールド46、計53ホールドポイント)に輝いた。

「この年はセーブと救援勝利を足した数で決まる『最優秀救援投手賞』が廃止され、単純にセーブ数だけで競う『最多セーブ王』に変わりました。セーブが制定された1970年代から1990年代前半くらいまでは抑えが2〜3回投げて、救援勝利を上げることも多かった。しかし、1990年代後半には大魔神・佐々木のように1イニング限定で登板する抑え投手が増えたため、時代にそぐわなくなった。裏を返せば、この改定は中継ぎの存在が無視できなくなったからとも言えます」

 藤川はオフの契約更改で2200万円から4800万円アップの7000万円を提示された。これを不服として保留したが、岡田彰布監督の後押しもあって2回目の交渉で、当時の阪神では異例の1000万円アップが追加され、8000万円でサイン。翌年は中継ぎ、抑えで63試合に登板し、5勝0敗17 セーブ30ホールド、防御率0.68という驚異的な安定感を見せ、9000万円アップの1億7000万円となった。

「1990年代後半、継投全盛時代に突入し、岩瀬が評価された。その後、ホールドという基準が統一された年に藤川というスターが誕生した。これで、2000年代後半以降は中継ぎでも年俸がやたらと低く抑えられることは少なくなりました。

 育成出身の山口鉄也(巨人)は3億円を突破しましたし、2011年には浅尾拓也がMVPに輝き、オフの契約更改で2億6000万円になった。入団以来13年連続で50試合以上登板を続ける宮西尚生(日本ハム)の今季年俸は2億5000万円。相対的に見ればもう少しもらってもいいのかもしれませんが、それまでの中継ぎでは考えられない額です。1990年代くらいまでは中継ぎだと年俸が上がらないので、先発転向を志願する投手が沢山いました。しかし、2000年代以降はその不平もかなり減ったのではないでしょうきあ」

 評価基準を明確にし、公式記録として数字で現すこと。その分野でスターが誕生すること。この2つが揃ったことで、中継ぎの地位が向上したのだろう。

関連記事(外部サイト)

×