カーリング娘たちの現在地 銅メダルから3年、北京五輪への目線

カーリング娘たちの現在地 銅メダルから3年、北京五輪への目線

吉田知那美。好きな作家は浅田次郎。「いつかお会いしてみたいです」((C)JCA IDE)

 あの熱狂から3年──2018年の新語・流行語大賞で「そだねー」という相槌が大賞を受賞した、カーリング女子日本代表チーム「ロコ・ソラーレ」。北京五輪を翌年に控え、いま彼女たちはどんな活動をしているのか。カーリング取材歴10年以上のスポーツライター・竹田聡一郎氏がリポートする。

 * * *
 3年前の2018年2月24日、平昌五輪で日本代表のロコ・ソラーレが史上初のメダル獲得を果たした。

 攻防一体となったカーリングの高いゲーム性や、ハイレベルな世界トップクラスのスーパープレーに加え、ロコ・ソラーレメンバーの明るいキャラクターが人気を博した。カーリングおよびロコ・ソラーレ人気は徐々に拡散、加速し、3位決定戦では瞬間視聴率は42%超えという数字を叩き出した。これはフィギュアスケートで羽生結弦が五輪連覇を達成した偉業の瞬間46%に肉薄する数字だ。

 北海道のイントネーションでの相槌「そだねー」や、ミーティングを兼ねたハーフタイムの栄養補給は「ピクニックみたいで楽しそう」と“もぐもぐタイム”と呼ばれ、これらは流行語となる。彼女らは一躍、人気アスリートとなった。

 それから3年が経った。

 平昌五輪ではリザーブとして献身的にチームを支えた本橋麻里は、一度は選手としての活動を休止した。ロコ・ソラーレを社団法人化し、自らは代表理事に就任。同時に「将来的、2026年の五輪を目指せればいいと考えています」とロコ・ステラという育成を目的としたセカンドチームも立ち上げる。2020年にはそのロコ ・ステラのスキップとして選手復帰も果たした。

 本橋以外の氷上に立っていた4人のメンバー、藤澤五月、吉田知那美、鈴木夕湖、吉田夕梨花に関しては、チーム結成以来のコーチである小野寺亮二コーチによれば「3つ年をとったけれど、キャラクター的には変わっていない。でもカーリングは上手になった。すごい学んでいるし役割分担をして、目標に向かってチーム全体でやり切る力が備わったと思う」とのことだ。

 その目標のひとつが、藤澤が銅メダルで終えた平昌五輪後に「世界一になってみたい」とコメントしていたように、「グランドスラム」と呼ばれるワールドツアーの最高グレードのタイトル獲得だ。この3年はそのための研鑽の期間とも言い換えることができるかもしれない。

 来年に控えた北京五輪に関しては、メンバーは異口同音に「目標のひとつではある」とコメントする程度にとどまる。鈴木夕湖が、「平昌五輪の後くらいから、ずっと出たかったグランドスラムに徐々に出られるようになって、そこで楽しい試合をたくさんして、今度はそこで勝てるようにみんなで考えているうちにいつの間にか時間が経っている感じ」と語ってくれたことがあるが、あるいはそれがチームの総意なのかもしれない。

 現在、4選手は、青森市内のみちぎんドリームスタジアムで開催中のミックスダブルス日本選手権に出場中だ。

 今季はコロナ禍ということもあり無観客で開催されているが、全試合YouTubeなどで放送、配信され常に数千人がライブで視聴するなど、3年前に「ニワカ」と呼ばれたファンが一定数、興味を持ち続けて、ファンの底上げが行われた印象だ。

 初日の試合を終えた選手に明日で銅メダルから3年、と告げると鈴木は「はやっ!」と驚いたのち、感慨のようなものは? との質問に「特にないっす」と即答。吉田夕梨花も「もう過去のことです」と笑顔で返答。藤澤も「あまり過去のことを振り返らない」とした上で「どちらかといえば北京オリンピックまで1年切ったな、という思いのほうがあります」と前向きに応じた。

 その北京五輪への道だが、5月下旬に今年の日本選手権で優勝した北海道銀行フォルティウスと、昨年王者のロコ・ソラーレによる代表決定戦が予定されている。その勝者が国内代表に内定したあと、各国代表チームによる世界大会で五輪出場枠が争われる予定だ。

 吉田知那美が以前、「オリンピックは本当にすごい舞台で、そこでプレーしたことはすごい経験だった。だからこそ、そこにつながる今日の練習を大切にしないといけない」と話したことがあるが、そのセリフに集約されているように、前向きに、一歩一歩、彼女らは今日も進んでいる。

関連記事(外部サイト)

×