川内優輝が履いたアシックスの厚底 ランナーがやきもきする理由

川内優輝が履いたアシックスの厚底 ランナーがやきもきする理由

びわ湖毎日で日本歴代20傑入り、その後ギネス認定も受けた川内優輝(時事通信フォト)

 2月28日に開催されたびわ湖毎日マラソンは、2時間4分56秒という鈴木健吾選手(25、富士通)の日本新記録などもあり、盛り上がりを見せた。歴代優勝者にアベベ選手(エチオピア、故人)や瀬古利彦氏(64)などが名を連ね、今回で76回の歴史に幕を下ろす同大会。好コンディションとあって、サブテン(2時間10分切り)が42人も出るという史上まれに見る高速レースとなった。スポーツジャーナリストが語る。

「エリウド・キプチョゲ選手の2時間1分台など、世界記録が続出するベルリンマラソンでも、サブテンは10人前後。こうした大会を開催できる日本のレース環境が世界的に評価されるでしょう。日本歴代20傑の9人が入れ替わるなど、日本のマラソンレベルの底上げも感じさせました」

 そんな盛り上がりを見て“燃える”のはトップ選手だけではない。GPSを使ったオンライン開催大会なども活用し、さまざまな形でランニングに打ち込む市民ランナーたちだ。今回、日本のランナーたちがにわかに活気付く出来事が起きた。

「7分台を出した川内(優輝)君はいつも通りアシックスを履いていて、しかも厚底だった。ナイキなど海外メーカーの厚底はチャレンジしなかった私も満を持して厚底デビューしよう、とわくわくしましたよ。長年履いてる日本メーカーのなら、足に合うと思うし」(60代の市民ランナー)

 今回、33歳にしてベストを47秒縮める2時間7分27秒(10位)、日本歴代でも20傑(同タイム)となる力走を見せた川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損保)が、アシックス社(兵庫県神戸市)の厚底だった。かつてはレースの最後に倒れ込むシーンがよく見られた川内選手が今回、ラストの競技場でも上体も起きた軽やかなスパートを見せたのは、分厚いシューズの力もあったのだろう。ソール(底面)はグリップ力のありそうな凸凹、形状は縦長でカーボンの反発力を生かせる形状とあって、国産ファンの想像をかき立てた。

 アシックスは、2017年ごろに登場しトップ選手の定番となった厚底・カーボン内蔵型の市場に、昨年6月から参入した。しかし、すでに定着しているナイキ(アメリカ・オレゴン州)製などのシェアを奪うには至らず、今年正月の箱根駅伝でも使用選手ゼロという事態となった。今回のびわ湖毎日も1〜9位はナイキ着用だった。

 今回のアシックス製厚底は、まだ発売前。川内選手はアドバイザリースタッフとして効果を“実証”するための使用だった。結果が出たことを受け、当然、一般発売を期待する声が出る。東京五輪でも選手が履き、それを見てモチベーションにしつつ同じ靴でランニング──と思いきや、そうはならない。今回のシューズは世界陸連(WA)に「開発中の靴(Development Shoe)」として登録されているものだからだ。

「規定上『開発中』では、五輪などの世界レベルの大会で使用できません。昨年、厚底禁止論争が起きた際に、そうした大会での使用には4か月以上『市販されていること』が必須条件となったためです。

 一方で、五輪で有名選手が使用してくれるといった“大宣伝”なしで市場に投下するのはメーカーにとって勇気が要ること。そうなると、少量しか出回らない可能性があります」(前出のスポーツジャーナリスト)

 いつ一般に販売されるのか。アシックスに聞いた。

「現在は国内外の選手に試してもらっている段階です。東京五輪開催に間に合うように発売するかどうかは申し上げられないのですが、近いタイミングで発表できればと思っています」(アシックス広報担当)

 国産シューズのファンにとっては、待望となる製品がいつ登場するか、やきもきする日々が続きそうだ。しかし、それを履くだけで簡単にタイムが伸びるわけではない。地団駄ではなく、しっかりと大地を踏みしめて(走り込んで)、待つしかない。

関連記事(外部サイト)

×