岩手国体 成年ボクシング 金城大明が決勝進出

岩手国体 成年ボクシング 金城大明が決勝進出

成年男子ウェルター級の準決勝で、相手と激しく打ち合う金城大明(右)=9日午後2時すぎ、岩手県の奥州市水沢体育館

 【岩手国体取材班】第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」第9日の9日、岩手県の奥州市水沢体育館でボクシング競技が行われ、県代表の成年男子ウェルター級・金城大明は準決勝で北海道代表の細野恭兵に判定勝ちし、決勝進出を決めた。10日の決勝は熊本県代表の浦島将之と対戦する。

 ミドル級の高江洲正達、那根一暉は準決勝で敗退した。【琉球新報電子版】

関連記事(外部サイト)