牧港ペアーズ5連覇 コザ信金杯ママさんバレー

牧港ペアーズ5連覇 コザ信金杯ママさんバレー

高い打点から強烈なスパイクを放つ牧港ペアーズの友利由紀子=16日、沖縄市民体育館

 【沖縄】バレーボールの第41回コザ信用金庫杯ママさん大会(コザ信用金庫主催、琉球新報社共催)最終日が16日、沖縄市体育館で行われ、決勝で牧港ペアーズが2−1で与那原クラブを破り、大会史上初の5連覇を達成した。3位は美寿クラブ、高江洲クラブだった。
◇“女王”の意地 鮮やかに逆転
 5連覇に挑む牧港ペア−ズが、苦しみながらも“女王”の意地を見せた。第1セットを落として迎えた第2、3セット。いずれも相手を追う展開となったが、粘り強くボールを拾いながら友利由紀子のスパイクで確実に得点を奪い、鮮やかな逆転勝利につなげた。

 序盤から与那原クラブの長身エース・我喜屋奈々の強烈なスパイクに苦しんだ。流れを変えたのは得意とするブロック。「常に2、3枚が飛び、プレッシャーを与えた」(當銘さつき主将)。レシーブをつなぎ、流れに乗った。

 第3セットも大差を付けられる場面があったが、最後は圧巻の7連続ポイントで勝負を決めた。「絶対に決めてやるという気持ちでスパイクした」と言う友利は「とにかくみんな諦めなかった」と勝因を語った。