スターダムAZMのハイスピード王座に挑戦する吏南「ハイスピードの新しい超超超新鮮な景色を見せてあげる」

スターダムAZMのハイスピード王座に挑戦する吏南「ハイスピードの新しい超超超新鮮な景色を見せてあげる」

吏南

ブシロード傘下の女子プロレス団体スターダムは、『STARDOM MidSummer Champions 2022 in NAGOYA』7.24愛知・名古屋国際会議場イベントホール大会の対戦カードを発表した。

 タイトルマッチの1つとして、ハイスピード選手権試合、チャンピオンのクイーンズクエストAZMに、大江戸隊の吏南が挑戦する。

 7.9東京・立川ステージガーデンで行われたAZMと向後桃のハイスピード王座戦で、向後を相手に5度目の防衛に成功したAZMの前に現れ、「こんなよお、クソババアが挑戦してるくらいなら私にも挑戦資格あんだろ。ハイスピードと言ったらAZM、コグマ、なつぽい、もう見飽きたんだよ。この15歳の私がベルト巻いてハイスピードの違った新しい景色見せるんで、覚悟しとけよ」と強烈な言葉で挑戦表明した吏南は「タイトルマッチ後、襲っちゃったんだけど、大丈夫でしたか?まあね、マイクでも言った通り、最近テンプレ化しつつあるハイスピードなんて、もうつまらないんですよお。見飽きたっていうか。だから、この吏南様が、ハイスピードの新しい超超超新鮮な景色を見せてあげるんで、ただで終わると思わないでくださいね、クソチャンピオン」と相変わらず口の悪さでAZMを挑発。

 AZMは「ハイスピード、今までハイスピードって言ってたっけ?初めて聞いたんだけど。そうだよね。テンプレしつつある?って言ってたけど、挑戦者もねえ、駿河メイちゃんだったりテクラだったり、コモモだったりね、初めてハイスピードに挑戦する人ばっかなんだよね。見てないでしょ、ホントは。嘘つけバカ。まあでもね、私もちょっと昔はクソババアとか言っちゃう年頃で、まあ反抗期だったわけなんですよ。今の吏南ちゃんみたいな感じだったんですけど。もしかして私のこと好き?ああああ、そうだよね、ごめんね。AZMのこと好きなんだ。だから昔のAZMみたいにクソババアとか言っちゃうのね。かわいいところありますね、ホントもう。でしょ?」とかつての自分を例に上げて、吏南に迫った。

 吏南は「いや、まあ、まあ、正直…好きじゃねえよ!好きなわけねえだろ、バーカ!」と一蹴すると、両者が口論に発展し、AZMが吏南を追いかけ大乱闘に。ハイスピード王座戦は、あまり荒れた展開がないだけに、吏南が良くも悪くも新しい風を吹かせるかもしれない。

(どら増田)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?