ポーゴ&西村修の異色合体に大仁田厚「爆破バット3本、地雷、爆破ロケット、棺桶でいいだろ!」

ポーゴ&西村修の異色合体に大仁田厚「爆破バット3本、地雷、爆破ロケット、棺桶でいいだろ!」

ポーゴ、大仁田厚

9月23日、24日に大阪・花博記念公園鶴見緑地ハナミズキ付属展示場で開催される新団体『FBW(ファイヤー・ブラスト・レスリング)』の旗揚げ2DAYSの初日のメインイベントで、大仁田厚&Xが、ミスター・ポーゴ(シャドウWX)&西村修と対戦することが電撃決定した。

 FBWは爆破とファイヤーに特化した世界一過激な団体を標榜するとしており、会見では、旗揚げ2連戦の初日のメインが、ファイヤープロレスの7.17花博記念公園大会と同じく、大仁田が出演し、ロックバンドmil9のBILLYが監督と脚本を務める映画『BUGS II』のプレゼンツマッチになるという。

 会見で大仁田とBILLYが映画談義をしていると、会見の噂を嗅ぎつけたのか、会場にポーゴが乱入。ポーゴは7.17大阪大会で大仁田&雷神矢口と西村&吉江豊の試合に乱入し、大仁田に火炎攻撃を仕掛けてKOしている。大仁田を欠いてしまったため、孤軍奮闘となった矢口が西村の電流爆破バット攻撃を受けて、無我コンビに敗退。試合後、ポーゴは無我コンビの手を挙げ、一緒に勝ち名乗りを受ける暴挙に出たが、ポーゴとプロレス観が違う西村は複雑な表情を見せていた。

 会見に乱入したポーゴは「大阪で俺は棺桶爆破やったけど、火薬量を10倍にでも20倍にでもして、今度はアンタを棺桶に入れてやる。俺は無我にはならないけど、西村と組む。本意じゃないけど、打倒大仁田で一致してる。オマエはパートナーに誰かを用意しろ!」と西村とは打倒大仁田の一点だけで組むと明言。対する大仁田は「この前はオマエが余計なことするから負けたんだよ。俺は西村に合うような選手を用意する。BILLY監督に“with”でセコンドに就いてもらう。爆破バット3本、地雷、爆破ロケット、棺桶でいいだろ!」とまたとんでもない爆破アイテムを要求。これで9.23大阪大会では大仁田&Xwith BILLYと、ポーゴ&西村の電流爆破バット&地雷爆破&爆破ロケット&棺桶爆破デスマッチが決定だ。

 大仁田はパートナーXを近日中に発表するとした上で、「ポーゴ!オマエ、棺桶の中で選手生命終わるよ。そのまま(ポーゴの出身地の)新潟・十日町の墓地に埋めてやるよ」と挑発。ポーゴは「なんなら2人入る棺桶を用意しろ」とXもまとめて棺桶に入れる勢いだ。しかし、ここで気になるのは西村の思いだろう。極悪大王と無我は相容れないように見えるが、試合ではスイングするのか注目である。

(どら増田)

関連記事(外部サイト)