プリンセスタッグ王者の荒井優希が東洋大タッグに不覚!赤井沙希と王座戦でリベンジへ「次は絶対に勝ちたい」

プリンセスタッグ王者の荒井優希が東洋大タッグに不覚!赤井沙希と王座戦でリベンジへ「次は絶対に勝ちたい」

荒井優希、赤井沙希

東京女子プロレスが13日、東京・後楽園ホール大会を開催した。第6試合では、赤井沙希&荒井優希&宮本もかが、上福ゆき&桐生真弥&猫はるなと6人タッグで激突。赤井&荒井は7.9東京・大田区総合体育館大会で、プリンセスタッグ王座を戴冠している。この2人は大田区大会以来のタッグ結成だ。

 試合は序盤、赤井がビッグブーツ連打で上福を攻め込めば、荒井もビッグブーツ、ドロップキック、サソリ固めで桐生に狙いを定めていく。しかし、荒井のFinallyを阻止した桐生がスパインバスターを繰り出すも、赤井がカット。東洋大タッグは桐生が宮本を抱えると、上福がビッグブーツを放ち、その勢いでスパインバスターにつなぐ新連係を披露するなど、どうやらタッグ王座に狙いを定めている様子。

 終盤になり、上福がフェイマサーで赤井を場外に排除すると、荒井が逆さ押さえ込み、ビッグブーツで必殺パターンに入り、フルネルソンバスターを狙うも、これを切り返した桐生が、この日効果的に決まっていたスパインバスターをズバリと決めてカウント3。プリンセスタッグ王者の荒井から取ってみせた。

 試合後、桐生は「赤井さん、荒井ちゃん、2人が初めてタッグを組んだ時(4.9後楽園大会)、私は対戦相手で負けました。2人はその後ベルト獲って、私は荒井ちゃんにシングルのトーナメント(7.16東京・両国KFCホール大会)で負けて、負けっぱなしです。でも、このまま黙ってるわけにはいかないから。今日の試合で私のこと、無視することはできなくなりましたよね?だから、そのベルトに私たち挑戦させてください」と思いの丈をぶつけた上で挑戦表明。

 赤井は「いいよ。アンタらにその覚悟があるんやったら」と受諾。荒井も「私が負けてしまって悔しい。ここでタイトルマッチして負けてしまうと、まだまだやりたいことができていないので、次は絶対に勝ちたいと思います」とタイトルマッチでのリベンジを誓うと、赤井は「私が前に上福選手、真弥選手とやった時より、何段階かレベルが上がった気がした。防衛していくことで、お客さんにいい姿を見せられると思うので、挑戦してきたい人はどんどん来てくれて大丈夫です」と語ったことにより、近日中に東洋大タッグがタッグ王座に挑むことが決定した。

 荒井にとっては、チャンピオンとして初めての試練を迎えることになる。

◆東京女子プロレス◆
『東京プリンセスカップ』
2022年8月13日
東京・後楽園ホール
観衆 444人
▼6人タッグマッチ(20分1本勝負)
赤井沙希&●荒井優希&宮本もか(12分35秒 エビ固め)上福ゆき&桐生真弥○&猫はるな
※スパインバスター

(どら増田)

関連記事(外部サイト)