武藤敬司が来年2.21東京ドーム大会で引退! 対戦相手は「シークレット」も闘魂三銃士の“同志”蝶野正洋に熱烈ラブコール

武藤敬司が来年2.21東京ドーム大会で引退! 対戦相手は「シークレット」も闘魂三銃士の“同志”蝶野正洋に熱烈ラブコール

引退試合決定の会見をする武藤敬司

来春での引退を表明しているプロレスリング・ノアの武藤敬司が7日、都内で引退試合に関する会見を開いた。

 まず武藤は、ノアの武田有弘取締役とともに登壇。武田取締役は「武藤選手の引退試合の会場が決まりました。2月21日火曜日、17時試合開始、東京ドームになります。主催は株式会社サイバーファイト、運営・株式会社ホットスタッフ・プロモーション様、協力・株式会社A-Sketch様、チケットに関するお問い合わせはホットスタッフ・プロモーション、大会に関するお問い合わせはプロレスリング・ノアまでお願いします」と来年2.21東京ドーム大会で武藤の引退試合を行うと発表。チケットはVIP席が50万円と高額だが、「不朽の名レスラー武藤敬司を送り出すのに、やっぱり一番ふさわしい会場ということで武藤さんと話し合っていく中で、案として出たんですが、最終的にどうしてもドームでやりたいなと思ったのは、やっぱり6月の(那須川)天心選手と武尊選手の試合を見て、やっぱプロレス界も負けない空間、これと同じようなイベントにチャレンジしなければいけないなという思いから、会場の方に問い合わせて、2月21日、空けていただいて開催させていただくことになりました」とチケットの最高額が300万円だった格闘技イベント『THE MATCH 2022』の成功も影響を与えたようだ。武藤も「俺ね、先日武尊と対談したんですよ。あのね、あの試合、ペイパービューですげえ儲かったんだって。利益が出たらしいですよ。やっぱりそういうところを狙っていった方がね」と語り、PPV生中継による配信をリクエスト。武田取締役は「検討します」と答えた。

 ノアとしては約17年ぶりの東京ドーム大会となるが、武田取締役は「ノアの選手が全員出るような大会にはならないと思います。やっぱり武藤さんのキャリアからいくと、プロレスオールスター形式でいろんな団体が出る形になるとは思います。現時点ではそのように考えてます」と語り、ノアの大会というよりは、小橋建太氏の引退試合のようにオールスター戦的な要素の強い大会にしたいとのこと。武藤は「俺的にはそうね、多くの選手が出てほしいんですけど、意外と俺、嫌われてるからね。もしかしたら良い返事が聞けないような、うん、気がします。だけどトライ、していきたいと思います。まあ、教え子と言うかね、俺の手元で育ったやつがいろんな団体に今いますからね。本当はですね、全員に声をかけてみたいんだけど、先ほど言った通り、良い返事が聞けるかどうかはわかりません」とオファーに応えてもらえるかどうかはさておき、ゆかりのある選手には参戦してもらいたいようだ。

 後半には、新日本プロレスの闘魂三銃士として、故・橋本真也氏とともにライバル関係を続けて来た蝶野正洋が登場。蝶野は武藤とはお互いにデビュー戦の相手を務めており、武藤は「もしさ、さっきさ、ちょっとさ、チケットをさ、設定もさ、なんか金額とかも俺聞いて、ちょっと俺も驚いてるんだけどさ、いささかちょっと高けえからさ、もし、売れなかったらお前も引退しちゃおうよ」と無茶ぶり。さらに「蝶野、もう俺が組み立てるからよ!やっぱりデビュー戦俺たち2人で、俺たちデビュー戦したじゃねーかよ!引退試合、もう俺がうまく組み立てるからよお!俺は最後まで諦めねえからよ。俺がリングまで車椅子押してやるよ!」と猛烈ラブコール。蝶野は昨年腰の手術をしており、約8年リングから離れているが、「自分が自分のペースで、リングに戻れるぐらいなところまで持っていくというのは、自分がやっぱり今、一つ目標にしてます」とリングに戻ることを目標とした上で、「2月は間に合わない」という。そんな蝶野の言葉をよそに、武藤は「蝶野、思いついた。俺の横に並ぶか?タッグマッチでよ。俺9割働くよ頑張って」となかなか諦めてない。

 だが、現実的に蝶野の復帰は厳しい。当日は中継のゲスト解説を中心に盟友の引退を盛り上げることになりそうだ。武藤は引退試合の候補として、蝶野も含めて複数いることを明らかにしているが、「お話し合いが必要」、「シークレットだよ。まだ、まだ楽しみに待ってて」と具体的な名前を出すことを避けていたが、「まだ、これまだ、引退試合までまだ数試合するんですよ。そこでもね、試合を通じて蝶野に発破をかけるような試合をして、アドレナリンを出させるような試合をして、うん、少しでもリングに近づけれるように努めますよ」と語った。

 平日の東京ドーム大会で武藤と言えば、本人も話していた1995年10月9日に開催した高田延彦戦は月曜開催ながら、超満員札止めで盛り上がった。東京ドームで幾多の“作品”を残して来た武藤が最後の作品を残すには、相応しい会場である。

(どら増田 / 写真©︎NOAH)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?