西村修&川松真一朗の地方議員タッグが“神様”カール・ゴッチさんの墓参り「ゴッチさんの精神を伝えたい」

西村修&川松真一朗の地方議員タッグが“神様”カール・ゴッチさんの墓参り「ゴッチさんの精神を伝えたい」

西村修

DDTプロレスの9月25日東京・後楽園ホール大会で、西村修文京区議(以下、西村)と“議員タッグ”を結成し、プロレスデビュー2戦目に臨む川松真一朗都議(以下、川松)が14日、東京・荒川区の回向院にある“プロレスの神様”カール・ゴッチさんの墓参りをした。

 川松は8月20日に東京・大田区総合体育館大会で行われた6人タッグマッチ、高木三四郎&高尾蒼馬&川松と西村&彰人&大石真翔戦でプロレスデビュー。試合は西村の足4の字固めで敗れたものの、試合後に西村から「歴史と伝統あるプロレスに興味あるなら、無我にお誘いしましょう」と勧誘されるほどプロレスラーとして適性を見せた。

 川松は「認めていただいたということで、追求させていただいてよろしいでしょうか?」とこれを喜んで快諾。高木社長の提案で、西村の地元である文京区にある後楽園ホールでのタッグが決定し、彰人&納谷幸男組と対戦することが決定している。

 自らが率いる無我入りを勧誘した西村は「デビュー戦で戦わせていただいて、伝えなきゃいけないことが山ほどある。ゴッチさんの精神を川松先生に伝えたい」として、師であるゴッチさんの墓を訪問。2人は墓の掃除をして、供養をした。西村と初タッグとなる川松は「彰人さんには、デビュー戦でも胸を貸していただいた。全く何もできなかったんで、少しでも彰人さんを脅かすよう努力したい。納谷さんは、テレビ朝日時代、相撲担当の記者をやってたんで、(祖父の)大鵬親方のことも考えながら、それも含めて納谷さんに思いきりぶつかりたい」とかなり気合いが入っている様子。

 さらに、川松は「戦いですから勝つためにやりますし、強くなりたいです。ですが、それ以上に前回の反省点があります。いろいろご指導いただいてるんで、一つでも課題をクリアできるよう、全力で臨みます。結果が良ければいいと思いますが、一生懸命やりたい。小手先で勝つとかじゃなく、西村さんにご指導いただいてゴッチさんのイズムを持って、勝ち負けより大事なことを学びたい」とゴッチイズムを胸に初勝利をめざす。

 西村は「大田区と違って、後楽園は客層の違いもあるでしょう。前回は3対3でしたが、今回は2対2で、前回の20倍くらい、しんどい思いをしなきゃいけない。2人しかいませんから。場数を踏むしかない。リング上でその場その場でのアドバイスになっちゃう。私がリング上で指導します。全部が全部ハッピーな戦いじゃないですから。悪い思いもいい思いもいろいろ経験しないと。相当な覚悟を持ってもらわないと。大変なことになる」と川松に忠告。あくまでも試合を通して育てていく意向だ。

 もちろん、公務を優先しながらのプロレスラー活動となるが、こうしてゴッチイズムを広めるのも西村の役割なだけに、期待したい。

(どら増田)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?