ロッテ・井口監督、突然の退任表明に場内とネットが騒然!「次の指揮官にバトンを移していきたい」

ロッテ・井口資仁監督「Bクラスは私の責任」 突然の退任表明に場内とネットが騒然

記事まとめ

  • 千葉ロッテマリーンズの井口資仁監督が、福岡ソフトバンクホークスと対戦後退任を表明
  • 69勝73敗1引き分けの5位で終わったシーズンを振り返り、井口監督は「私の責任」と発言
  • 「次の指揮官にバトンを移していきたい」と突然退任を表明し、場内とネットが騒然

ロッテ・井口監督、突然の退任表明に場内とネットが騒然!「次の指揮官にバトンを移していきたい」

ロッテ・井口監督、突然の退任表明に場内とネットが騒然!「次の指揮官にバトンを移していきたい」

井口資仁監督

千葉ロッテマリーンズは2日の試合終了後、井口資仁監督と河合克美代表取締役オーナー代行兼社長が退任すると発表した。井口監督は自身の意向、河合氏は任期満了としている。

 ロッテはこの日、本拠地最後にして公式戦最終戦となった千葉・ZOZOマリンスタジアムで、福岡ソフトバンクホークスと対戦。5-3で勝利。ソフトバンクの胴上げを阻止した。チームは69勝73敗1引き分けの5位。昨年はオリックスとの優勝争いの結果、2位となったが、クライマックスシリーズではファイナルステージに進出もオリックスに1勝も出来ず涙を飲んだ。

 ファンを前に挨拶に立った井口監督は「球場に足を運んでいただいたファンのみなさん、そして全国から応援していただいたファンのみなさん、今シーズン本当に熱い声援ありがとうございました。昨年、一昨年と2位となり、今年こそ頂点をつかもうということでキャンプインし、シーズンをスタートしました。残念ではありますが、ここをもってシーズンを終了してしまったこと、3年ぶりにBクラスになってしまったこと、これは本当に私の責任だと思っております」と言ったところでザワつくスタンド。

 続けて、「2025マリーンズプロジェクトに向けて突き進んで参りましたが、道半ばではありますが、私は今シーズンで退任させていただき、次の指揮官にバトンを移していきたいと思います。私事ですが、マリーンズで現役9年、監督で5年、計14年、本当にファンと一緒に戦い、応援していただいたこと、本当にありがとうございました。そして、そしてここに、後ろにいる若い選手たち、一日一日、一歩一歩成長してます。長い目で見守っていただき、来年、再来年、そしてその先と飛躍することを期待いたしましょう。本当に1年間ありがとうございました」とまさかの退任発表。これにはこの日集まった完売のマリンのファンからは引き止める声も飛んでいたが、SNSでもトレンド入りするなど騒然となった。

 球団は後任人事について、「後日発表します」としている。

(どら増田)

関連記事(外部サイト)

  • 5

    >3 ここで言っても埒があかないから 株式会社ロッテのお客様相談室に通報しておいた。

  • 4

    良い奴がサッサと辞めて、ロクでもないのがしつこく居座る。 残念でならないけど、人望の薄い人程他に行き先が無いから仕方無いのかねえ。

  • 3

    ロッテの監督には韓国人が適任だよね。在日企業だしこの際韓国カラーを出し旭日旗で応援するよね。w

すべてのコメントを読む