新日本プロレス新潟2連戦他、大会中止を発表!3.31両国大会はどうなる?

新日本プロレス新潟2連戦他、大会中止を発表!3.31両国大会はどうなる?

内藤哲也

 新日本プロレスは10日、『ニュージャパンカップ2020』の全日程を中止にすると発表した。これは新型コロナウィルス感染拡大予防による政府からのイベント自粛要請に応えたもの。

中止が決定したのは以下の日程だ。
3月16日 富山・高岡テクノドーム
3月17日 埼玉・熊谷市立市民体育館
3月18日 静岡・ツインメッセ静岡 北館
3月20日 新潟・アオーレ長岡
3月21日 新潟・アオーレ長岡

 新日本プロレスでは、今月1日から14日まで予定されていた大会の全てを中止にしており、残るは31日に開催が発表されている春のビッグマッチ、東京・両国国技館大会のみとなった。政府はさらに10日間のイベント開催の自粛を要請していることから、“現時点で”開催することは問題ないが、これは26日に福島県から始まる東京オリンピックの聖火リレーに配慮した期間とも言われており、室内で約8000人以上集まる両国国技館での大会開催は、流動的と言わざるを得ない。

 新日本プロレスの木谷高明オーナーは「新日本プロレスに関しては、判断を現場に任せているし、しっかり考えていると思う」と、開催の可否を現場に委ねている。本来であれば、『ニュージャパンカップ』の優勝者が、31日の両国大会で、内藤哲也が保持するIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル両王座に挑戦する予定だったが、両国大会前の大会が全て中止になったことや、プロ野球やJリーグが3月中の公式戦開催を見送ったことなども、両国大会の開催には大きく影響を与える可能性がある。

 新日本の選手たちは、SNSをフル活用しながら、現在出来ることをやることで、ファンに対してプロレス熱を発信し続けている。シリーズが再開した頃には、リフレッシュしてさらにパワーアップした新日本プロレスを見せてくれるはずだ。
(どら増田)

関連記事(外部サイト)