プロレスリング・ノア5月の大会開催を断念!丸藤「今やれることを全力で」

プロレスリング・ノア5月の大会開催を断念!丸藤「今やれることを全力で」

丸藤正道

 プロレスリング・ノアは22日、5月に予定されている大会を中止にすると発表した。新型コロナウイルス感染拡大を防ぎ、感染者の増加を抑制していく観点から判断したという。

中止になった大会は次の通り。
5月2日 東京・大田区総合体育館(開催中止発表済み)
5月9日 埼玉・埼玉県産業技術総合センターSKIPシティ(開催中止発表済み)
5月17日 東京・後楽園ホール
5月21日 鳥取・米子コンベンションセンター BIG SHIP
5月23日 大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場
5月30日 静岡・アクトシティ浜松

 今回の中止について、副社長の丸藤正道は自身のツイッターで、「楽しみにしていてくれた方、ご協力してくださってる皆さんには本当に申し訳ないですが、今やれる事を全力で」とコメント。先日ノアのTVマッチを中継したABEMA格闘TIMESもツイッターで「興行は中止でも、ノアを伝え続けると言うところは絶やさないように、5月もABEMAでノアをみせられたら・・(と、スタッフ一同思いも新たに防護服を発注しております)」と、5月のTVマッチ開催に強い意欲を見せている。

 各団体が興行を自粛する中、ノアは『グローバルタッグリーグ2020』の公式戦を、同じサイバーエージェント傘下であるDDTの配信サイトを使って無観客試合で開催。18日の優勝決定戦はCSのファイティングTVサムライで、19日の特別大会はABEMA格闘チャンネルでそれぞれ中継を行い、大きな反響を生んだ。

 19日の大会では今後に繋がる展開も見られただけに、ノアとしては5月も試合を行いたいところだろう。ファンサービスとしてはオンラインサイン会など、丸藤が話しているように、「今やれることを全力で」やっているイメージが強いだけに、もし大会が出来なかったとしても、ネット環境をフル活用した新たな試みを見せてくるはずだ。
(どら増田)

関連記事(外部サイト)