DDT6月23日までの興行中止を発表!高木社長「選手、スタッフは毎日検温と体調報告を義務付けている」

DDT6月23日までの興行中止を発表!高木社長「選手、スタッフは毎日検温と体調報告を義務付けている」

高木三四郎社長

 DDTプロレスリングは6日、高木三四郎社長が緊急会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大の状況等を踏まえ、DDTグループとして社内にて慎重に検討した結果、6月23日までの全大会を中止にすると発表した。

中止が発表されたのは次の9大会。

・?5月23日【東京女子プロレス】東京・新木場1stRING
・?5月30日【東京女子プロレス】東京・新木場1stRING
・?6月10日【DDT】東京・東京芸術センター・ホワイトスタジオ
・?6月11日【DDT】東京・東京芸術センター・ホワイトスタジオ
・?6月14日【東京女子プロレス】東京・北沢タウンホール
・?6月14日【ガンバレ☆プロレス】東京・北沢タウンホール
・?6月20日【東京女子プロレス】東京・新木場1stRING
・?6月21日【東京女子プロレス】東京・王子Basement MON☆STAR
・?6月23日【DAMNATION】東京・新宿FACE

 高木社長は「各大会を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様には、ご迷惑をお掛けすることとなりますが、感染の拡大を収束するべく、このような判断とさせていただきましたので、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします」とファンに理解を求めた。

 また、?6月28日の東京・後楽園ホール大会以降で発表されている興行に関しては、緊急事態宣言の期日である?5月31日以降に開催の可否を判断するとのこと。さらに、開催可能な状況でもソーシャルディスタンスに考慮し、席と席の間を空けて「密を避ける体制」を整えるため、プレイガイド販売並びに選手・スタッフのチケット取り置きを?一時見合わせるという。

 DDTでは既に6月7日に予定されていた埼玉・さいたまスーパーアリーナ大会の延期を発表しており、無観客試合による『DDT TV SHOW! 』を開催しているが、高木社長によると「所属選手やスタッフに対しては、毎日の検温と体調報告を義務付けている」など、万全な感染防止策をした上で収録をしており、今後も「密」を避けながら継続していく意向だ。
(どら増田)

関連記事(外部サイト)