RISE6月大会中止も那須川天心「僕は変わらず元気です」と前を向く!

RISE6月大会中止も那須川天心「僕は変わらず元気です」と前を向く!

那須川天心

 キックボクシング団体RISEは、6月14日に神奈川・ぴあアリーナMMで開催を予定していた『RISE WORLD SERIES 2020 1st Round 』を中止にすると発表した。

 RISEによると、「新型コロナウィルスの感染拡大状況を見て、協議を重ねた結果、お客さまの安全並びに選手のコンディションを第一優先とさせていただきまして、?6月14日ぴあアリーナMMで開催される『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2020 1 st Round in Yokohama』を中止とさせて頂くこととなりました」という。続けて、「4月12日の大阪大会に続き当大会を楽しみにされていたお客様、そして、この試合に向けて準備をしていた選手、関係者様には深くお詫び申し上げます」と陳謝した。RISE WORLD SERIESは開催可能な日程を調整し、追って発表するとのこと。

 今回の発表を受けて、裕樹と対戦する予定だった“神童”那須川天心は「仕方ないですよ。こんな状況ですから。今の時期に、格闘技だけやろうというのも僕は違うと思います。野球、サッカー、バスケ、ラグビーなど、メジャースポーツが動き始めるタイミングと同じでは無いと、格闘技はメジャースポーツになれないと思います」と持論を展開した上で、「緊急事態宣言が解除されたとしても無観客試合は続くと思います。無観客で試合するのは嫌だと言うのは、もうわがままになってしまうと僕は思います。コロナと共存して生きていかないと。またイチから格闘技というものを皆さんで作っていきましょう」とファンに呼びかけた。

 今年の初陣がなかなか決まらない状況にあるが、「こういった状況が収まった時、真っ先に動き出せる人が時代を変えていくと思います。僕は変わらず元気です。ご心配なく」と気持ちはかなり前向きだ。プロレスや格闘技は再開がいちばん最後になるのではないかという声もある中、天心はその日が来るまで、出来ることをやっていくのだろう。
(どら増田)

関連記事(外部サイト)