アスカが前王者シャーロットを救出!スマックダウンに日本に馴染み深い選手が集結!

アスカが前王者シャーロットを救出!スマックダウンに日本に馴染み深い選手が集結!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 世界最大のプロレス団体WWEは日本時間18日、ロードアイランド州プロビデンスで主力ブランド、スマックダウンを開催した。日本人女子スーパースターのアスカが登場し、ロウからスマックダウンに移籍することが明らかになった。

 アスカはレッスルマニアで所属しているロウではなく、スマックダウンの女子王座への挑戦を選択した。スマックダウンへの移籍が濃厚とされていたが、アスカはさっそく動き始めた。シャーロット・フレアーはレッスルマニアでアスカを破り王座を防衛し、アスカの連勝記録も止めたが、その2日後にカーメラの謀略にハマった。シャーロットはマネー・イン・ザ・バンクの権利を行使し急遽挑戦してきたカーメラ相手にわずか7秒で敗れ、王座から陥落するという大失態を演じた。

 今週は観客から大ブーイングを受けながら、王者カーメラが見守った。前王者のシャーロットはアイコニックスのビリー・ケイと対戦。シャーロットが必殺のフィギュアエイト(足4の字固め)を決めて試合に勝利すると、カーメラが乱入。アイコニックスとともにシャーロットを襲撃した。

 会場は再び大ブーイングに包まれたが、そこにアスカが登場。アスカはケイらを蹴散らしてシャーロットを救出したが、カーメラは味方を見捨て、ベルトを大切に守りながらそそくさと退散した。アスカはロウからスマックダウンに移籍するとサプライズ発表。ひとまず前王者シャーロットと共闘しながら、現王者のカーメラ、アイコニックスらヒール勢と対峙していく。

 1年間の総決算大会のレッスルマニアが終了したことに伴い、アスカ以外でもロウとスマックダウンの間でスーパースター・シェイクアップ(選手の入れ替え)が行われた。

 まず、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、ジンダー・マハルwithシン・ブラザーズ、ボビー・ルード、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア、バロン・コービン、ブリーザンゴ、ザック・ライダー、ジ・アセンション、モジョ・ローリー、チャド・ゲイブル、マイク・ケネリス、ナタリア、ライオット・スクワッドがスマックダウンからロウに移籍すると発表した。

 アスカ、ジェフ・ハーディ、サモア・ジョー、ビック・キャス、ザ・ミズ、日本でもおなじみのルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン、ソーニャ・デヴィル&マンディ・ローズはスマックダウンに移籍する。ファームブランドのNXTのアンドラーデ“シエン”アルマス、サニティ、アイコニックスはスマックダウンに所属することが発表された。

 中邑、AJ、ギャローズ&アンダーソンの元新日本プロレス勢に、アスカも加わったスマックダウンのメンバーは初夏の日本公演を控える。日本のユニバース(ファン)にとって今回のシェイク・アップは朗報と言えるかもしれない。

文 / どら増田
写真提供 / ©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)