AJ対中邑4度目のWWE王座戦はWWE史上最も過酷なルールを中邑が選択!

AJ対中邑4度目のWWE王座戦はWWE史上最も過酷なルールを中邑が選択!

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.中邑真輔とAJスタイルズ

 世界最大のプロレス団体WWEは日本時間23日、主力ブランドのスマックダウンをマサチューセッツ州ウースターで開催した。

 今週の注目は、先週AJスタイルズに勝利した中邑真輔だった。2人は日本時間6月18日に開催される次回PPV『マネー・イン・ザ・バンク』(MITB)での対戦が決定している。4度目のWWE王座戦の“試合形式を決める権利”を獲得した中邑真輔が、どんなルールを選択するかに注目が集まった。

 リング上で対峙した両者。AJは明らかにイライラしている様子で、中邑に「試合形式を言え」と迫る。すると中邑は「試合形式はピローファイト(枕投げ)だ」とふざけると、AJのいら立ちは頂点に達した。「条件なんてどうでもいい。どうせお前は俺に勝てない。MITBで会おう」とまくし立てリングを後にしようとした。

 すると中邑がAJに殴りかかり、場外乱闘が勃発。中邑はパイプ椅子でAJを殴打しダウンさせると、必殺のキンシャサを叩き込む。中邑は大の字になっているAJスタイルズに、自ら10カウントを取ってKO勝ちをアピール。さらに実況席のテーブルの上に立つと「ラストマン・スタンディング・マッチ」と一言告げて退場した。

 ラストマン・スタンディング・マッチとは、抗争が激化している選手同士が完全決着を付けることを目的に行われる試合形式。WWEでは1999年に初めて取り入れられた。通常のプロレスルールにあるフォール、ギブアップでの決着はなく、ダウンして10カウント以来に起き上がれない…つまりKOされない限り決着しない。WWEの中でも最も過酷なルールと言われている。もちろん全ての反則やリングアウトなど、ダウンカウント以外のカウントもない。AJと中邑は“急所攻撃合戦”を繰り返しているが、急所攻撃からダウンカウントが数えられることも十分に考えられる。

 WWEでラストマン・スタンディング・マッチはこれまで20試合が行われているが、引き分けだった試合も4回ある。これは両者KOもしくは、レフェリーが両選手ともに試合続行不可能と判断したことから生じたものだ。前回のノーDQマッチに続き、2人にとっては未知なるルール。どんな試合になるのか?そして今度こそ完全決着するのか?4度目のWWE王座戦に注目だ。

文 / どら増田
写真提供 / ©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事(外部サイト)