楽天・石井GMの初仕事は「脱ヤクルト」&お供のメジャーリーガー獲得

楽天・石井GMの初仕事は「脱ヤクルト」&お供のメジャーリーガー獲得

画像はイメージです

 ノムラ回帰か、それとも、古巣球団との完全決別か? 東北楽天ゴールデンイーグルスがヤクルト、西武、ドジャースなどで活躍した石井一久氏(44)のゼネラルマネージャー就任を正式発表した(9月1日付)。8月27日に会見が開かれるが、氏のGMとしての初仕事は「新監督の人選」だが、その新体制作りは古巣から“反感”を買うことにもなりそうだ。
「6月に辞任した梨田昌孝前監督を支えたコーチがそのまま残っています。平石洋介監督代行がチームを建て直しつつありますが、いまだ『代行』の二文字が消えないということは、来季の監督は外部招聘となりそう。新監督の人選に加え、現コーチの誰を残留させ、新たにどんな人物をコーチ招聘するかが石井氏の初仕事となります」(プロ野球解説者)

 失礼ながら石井氏は「ノホホン」とした雰囲気があるが、したたかな一面もあるという。また、技術的なアドバイスも的確にできるそうだ。そんな一面を評価されてのGM就任となったわけだが、一時期、こんな憶測もされていた。
「池山隆寛二軍監督は石井氏と同じヤクルト出身です。石井GMが来季の新監督として選ぶのは、池山二軍監督ではないか」
 ともに、ノムラID野球を学んだ同輩なら、気心も知れている。その可能性は十分に考えられたが、正式なGM就任と同時に飛び込んできたのは、正反対な話だった。
「池山二軍監督を楽天に連れてきたのは、野村克也氏です。野村監督の時代にコーチとして呼ばれ、その後、故・星野仙一副会長にも認められ、今日に至っています。彼を二軍監督に据えたのは星野氏でしたが、それは将来の一軍指揮官を見据えての配置換えではなく、球団幹部との折り合いの悪さからなんです。一軍コーチに置いたままヘンに睨まれるよりも、星野氏が配慮して二軍に避難させたんです。石井GMが池山二軍監督を庇うかどうか、わかりませんよ」(球界関係者)

 石井氏が44歳の若さでGMに上り詰めたのは、“組織の本流”を見抜く力もあったからだという。外部招聘で着任したかつての先輩を庇うのと、組織の意志に従うのとどっちがトクか…。石井GMはドライな一面も秘めているそうだ。
「石井GMが評価されたのは、西武に移籍してからです。当時の石井GMは年齢的なピークはとっくにすぎていましたが、技巧派に転向してみせました。その投手理論、配球術には涌井秀章(現・千葉ロッテ)、岸孝之(現・楽天)、菊池雄星らからも一目置かれていました」(ベテラン記者)

 こうした情報を聞かされると、石井GMはヤクルトOBよりも西武関係者を“優遇”しそうだ。また、石井GMは今季西武から米パドレスに移籍した牧田和久投手の相談役だったとの情報もある。水面下で、菊池雄星のメジャー移籍をサポートしているとも言われている。自身のメジャー経験から米国の代理人事務所にもネットワークはあるという。
「球団は外国人選手の獲得ルートに期待しているようですね」(ベテラン記者)
 石井GMが西武時代の後輩投手に一目置かれるようになった配球術は、古田敦也氏に鍛えられたもの。古田氏が後方支援してくるかもしれないが、楽天のドン、三木谷浩史オーナーはJリーグ・神戸にスーパースターのイニエスタを加え、地方スタジアムも満員にしてみせた。石井GMが今オフ、「超」のつくメジャーリーガーを連れてきて、古巣ヤクルトも驚かせるのではないだろうか。(スポーツライター・飯山満)。

関連記事(外部サイト)