WWEアスカ、まさかの敗戦でレッスルマニアに暗雲!リコシェがSDにも登場!

WWEアスカ、まさかの敗戦でレッスルマニアに暗雲!リコシェがSDにも登場!

アスカ

 世界最大のプロレス団体WWEは日本時間20日、ルイジアナ州ニューオーリンズのスムージー・キング・センターで、主力ブランドのスマックダウンを開催した。

 スマックダウン女子王者の日本人女子スーパースター、アスカが登場。ロウとスマックダウンの王座戦線に関して聞かれると、「シャーロットとベッキーはすでに倒しているから興味がない。興味があるのは、誰が私と対戦する準備ができているかだ」とキッパリ。ロウ女子王者ロンダ・ラウジーを狙っているシャーロット・フレアーと、前王者のベッキー・リンチを相手にせず、新たなる挑戦者の登場に期待すると、突如マンディ・ローズ&ソーニャ・デビルが登場した。

 マンディは「誰にも相手にされないかわいそうなアスカ!でも私はあなたと対戦する準備ができてるわよ」と挑発。2人のシングルマッチが実現した。

 試合では突如レイシー・エバンスが入場してきて、これに気を取られたアスカは背後からマンディの攻撃を食らった。劣勢となったアスカだが、スライディング・ニーから顔面にヒザを叩き込むと、マンディは目を押さえて怪我を主張。これにレフェリーがアスカに距離を置くよう注意。しかし、その隙にマンディがアスカを丸め込んで3カウント。怪我のふりをしたマンディの策略にハマったアスカは痛い黒星を喫した。格下の選手にシングルで敗戦したことで、4月に開催される世界最大のプロレスイベント『レッスルマニア』に向けて暗雲が立ちこめた。

 前日のロウでフィン・ベイラーとの元新日本プロレスタッグを組み、インパクトを残したファームブランドNXTのスーパースター、リコシェが、ロウに続いてスマックダウンにも登場。エリック・ヤング(withアレクサンダー・ウルフ&キリアン・デイン)とのシングル戦に臨んだ。

 リコシェはハリケーン・ラナからドロップキックを決めて先制したが、セコンドに挑発された隙にヤングから強烈なパンチを食らって劣勢となってしまう。しかし、アッパーカットからのスタンディング・シューティングスタープレス、日本でもおなじみの捻りを入れたトペ・コンヒーロでヤングを追い詰めると、最後はコーナートップから630°スプラッシュで完勝。“ワン&オンリー”リコシェがヤングを下し、WWE2大ブランドであるロウとスマックダウンで連勝デビューという快挙を達成。主力ブランドへの“昇格”も見えてきた。

文 / どら増田
写真 / 垪和さえ

関連記事(外部サイト)