“脅迫めいた映像”が…「MOX」元WWEのディーン・アンブローズが新日本6.5両国国技館大会参戦を示唆!

“脅迫めいた映像”が…「MOX」元WWEのディーン・アンブローズが新日本6.5両国国技館大会参戦を示唆!

初披露された映像

 新日本プロレスのIWGP US王者、ジュース・ロビンソンに脅迫めいた映像を送りつけていたのは、とんでもないビッグネームであることが濃厚となった。

 ジョン・モクスリーは今年4月にWWEを退団し、ディーン・アンブローズから、WWE入団前に使用していたリングネームに変えた。彼はケニー・オメガ、Cody、ヤングバックスらが設立したアメリカの新興団体AEWの旗揚げ戦(日本時間26日)のメインイベントでケニーに勝ったジェリコを急襲したばかり。モクスリーは自らのツイッターに新日本プロレス公式アカウントのみ記載して、ジュースへの脅迫動画を添付した。映像の最後には「MOX」の文字が映し出されている。モクスリーが新日本6.5両国国技館大会でジュースの前に姿を見せるのか注目される。

 AEWはモクスリーと複数年契約を結んだことを発表しているが、同じくAEWと契約を結んだクリス・ジェリコは、新日本6.9大阪城ホール大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに挑戦することが決定している。ジェリコとケニーは「新日本プロレスには出場できる」と契約に盛り込まれていることを明らかにしている。モクスリーも同様の契約を結んだのだろうか。今後の動向が見逃せない。

 モクスリーはWWE時代、セス・ロリンズ、ロマン・レインズらと“ザ・シールド”として、一世を風靡。日本公演にも来日しており、WWE退団にショックを受けた日本のファンも少なくなかった。アンブローズとしてWWE王座をはじめ、WWE US王座やWWEインターコンチネンタル王座など数々の主要タイトルを獲得している大物。セミレギュラーだったジェリコと違って、WWEで第一線を張ったまま退団し、年齢も33歳とまだ若い。AEWのスケジュールの合間をぬって新日本に定期参戦することになれば、世界的な知名度と実力を誇るモクスリーが新日本にとってさらなる起爆剤になるだろう。

 まずは6.5両国大会に期待したい。

文・写真 / どら増田

関連記事(外部サイト)