横浜DeNAベイスターズが優勝できない原因は? 江本孟紀氏が独自分析

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 江本孟紀氏はベイスターズが1番が弱点で、首脳陣が選手を鞭打てないことを指摘。
  • 野村弘樹氏も同意見で、森原投手の運用について疑問視。バウアー入団でチームは変化したと語る。
  • 江本氏はベイスターズが投手を早期交代が多く、最新の投球理論を取り入れないと批判。東克樹らは活躍したが、チームとして優勝できない原因があると主張した。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

横浜DeNAベイスターズ

野球解説者の江本孟紀氏と野村弘樹氏が、横浜DeNAベイスターズの現状を分析した。

 

■江本氏がベイスターズの現状に…

江本氏はベイスターズの現状を「ベイスターズはいいバッターがいるわりには打点が少ないでしょ。ここ1番で打てないという、ここで打てば勝つのにというのがある」と分析する。

野村氏も「ここでの1球とか1本というところの、ちょっとしか差しかない感じがしますよね」と同調。

すると「本来の横浜のチームというのはそういうところに弱いやつが揃ってるのかね? 鍛えたら治るのかという。首脳陣が岡田監督みたいにときどき嫌味言ったりさ、そういう影響力とか首脳陣がピッと発奮させるようなさ、あれが足りないのでは?」と江本氏は指摘した。

 

関連記事:原辰徳監督の投手陣不調の原因? 江本孟紀氏が独自分析 「投げ込みが…」

■野村氏も持論展開

この指摘に野村氏は「おっしゃるとおりだと思いますよ。尻を叩くやつがいない」「トレーニングコーチが無理だと言ったら使わないとか」と同調する。

続けて「クライマックスで広島に連敗したじゃないですか。そのときに森原が抑えで、怪我がどうのこうので使えるかどうかわからないという状況で、結局最後の最後に使っているんですよ。だったらなんで行かないのかと僕は思うんですよ。そのへんも含めてわからない。あと何試合しか投げないわけじゃないですか。そこをがんばれないのかなというのはありましたね」とコメントした。

 

関連記事:阪神・岡田彰布監督は「時代に迎合しない」 江本孟紀氏が采配を称賛

■バウアー投手入団で変わった?

その後2人は「中6日、100球交代」が主流となっている先発投手の運用を疑問視し、江本氏が「そういうところの基本がベイスターズはズレているよな。そこが優勝できない原因かもしれない」と指摘する。

野村氏は「ただね、江本さん。今年バウアーが入ってちょっと変わりましたよ、夏は。球数関係なく中4日で行くし、それから東も今永も投げるようになったし、ベイスターズだけじゃなくいろいろ影響を与えたと思う。闘志を前に出してね。あいつの加入は大きかった」と語った。

関連記事:江本孟紀氏が要因や弊害を分析 「最近の若手プロ野球選手は肥満化している」

■「目を覚ましてほしい」

江本氏も「俺もそう思うよ。そんなことを俺らは腐るほど言っているけど、一切聞かないじゃない。いかにも『古臭い昔のおっさんがなにをいうてんねん』ってなことを、バカな球団のやつがいっぱいいるわけだよ」と同調。

続けて「結局おまえらダメじゃん。前の人を超えられないじゃん。バウアーが来て初めて目が覚めているというかさ、いかに頭の構造が古いかだよ、今の若いやつのほうが。バウアーを見てわかるだろ、最先端をいっているピッチャーだよ」と指摘する。

そして「ベイスターズは判で押したように6回で代えるでしょ。あれが後々影響している。目を覚ましてほしい、せっかくバウアーが来たのだから」と持論を展開していた。

 

関連記事:巨人低迷の要因は原辰徳監督ではない? 江本孟紀氏が分析「手の打ちようが…」

■防御率はリーグ3位

今シーズンベイスターズのチーム防御率はリーグ3位とまずまずの成績。なかでも東克樹投手は16勝3敗、防御率1.98で最多勝、最高勝率のタイトルを獲得した。

江本氏と野村氏が絶賛したバウアー投手もシーズン終盤に故障で離脱したものの、10勝4敗防御率2.76の好成績。闘志を前面に出した投球やピッチングに対する考え方は、チームメイトに好影響を与えたといわれている。

■江本氏と野村氏がベイスターズを語る (文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?