東京五輪・長嶋茂雄名誉監督「野球決勝観戦中止の理由」と「メンバー選出の裏側」!テレビ・新聞が報じないプロ野球「衝撃ニュース」

東京五輪・長嶋茂雄名誉監督「野球決勝観戦中止の理由」と「メンバー選出の裏側」!テレビ・新聞が報じないプロ野球「衝撃ニュース」

画像はイメージです

 東京五輪での侍ジャパンの金メダルに沸く一方で、今夏はプロ野球にまつわる衝撃的なニュースも続々と舞い込んでいる。今回は、そんなテレビや新聞では報じられない事件の裏側を総ざらい。

 まずは、日本中が歓喜した東京五輪の話題から振り返りたい。試合に先駆け、長嶋茂雄、王貞治&松井秀喜の国民栄誉賞トリオが聖火ランナーとして共演した開会式での光景は、多くの野球ファンを感激させた。だが、本戦開始後には、きな臭い事件があったという。

「一部のスポーツ紙では、開会式で元気な姿を見せた当のミスターが、決勝戦を見届けるべく横浜スタジアムを訪れるとも報じられていました。しかし、相撲協会に無断で柔道会場に足を運んだ横綱・白鵬の炎上騒ぎで、白鵬同様“部外者”の立場であるミスターの来場も急遽取り止めに。特別顧問として現地で生観戦した王さんとの歴史的2ショットは、残念ながら幻となってしまったんです」(全国紙運動部記者)

 確かに、ONの2人は1964年の東京五輪でも、ともに国立競技場を訪れた間柄。実現すれば、さぞかし盛り上がったことだろう。

「もっとも、コロナ禍のこの状況では、高齢で脳梗塞も患っているミスター本人への負担も大きい。終わってみれば、最短ルートでの悲願達成も成し遂げ、すべては結果オーライといった感じでしょうか」(前同)

 とはいえ、当の稲葉ジャパンも大会前は、その選考基準をめぐって賛否両論。稲葉篤紀監督が、ことのほか信頼を置く広島の會澤翼や巨人の菅野智之らが相次いで辞退するなど、ゴタゴタもあった。

関連記事(外部サイト)