【宝塚記念】6月25日は雨穴馬の日「井崎脩五郎 競馬新理論」

【宝塚記念】6月25日は雨穴馬の日「井崎脩五郎 競馬新理論」

記事画像



 6月25日――。今年の宝塚記念が行われるこの日付を見ただけで、ああ、荒れそうと思った人がいるのではないか。過去、6月25日に宝塚記念が行われたことが二度あるのだが、ともに雨中の競馬で荒れたのだ。

 まず最初は2000年の宝塚記念。天候と馬場は「雨・良」。勝ったのは単勝1.9倍のテイエムオペラオーだったが、ぬかるむ馬場を気にする馬が続出し、2、3着に来たのが、11頭立て6番人気のメイショウドトウと、9番人気のジョービッグバン。ともにG1レースにまったく出たこともない馬だった。やはり、雨が降ると、波乱が起きがちなのだ。当時、3連複も3連単もなかったが、あったら高配当だったろう。

 つづいては2006年の宝塚記念。舞台は「雨・稍重」。勝ったのは、単勝1.1倍というディープインパクトだったが、2、3着に粘り込んだのが、13頭立て10番人気のナリタセンチュリーと、9番人気のバランスオブゲーム。前者は前走の天皇賞・春で、大差負けの12着。後者は前走の安田記念で、同じく大差負けの17着。ともに前走は休み明けだったが、休養前に出たG2戦を道悪で圧勝しており、そのパワーが、馬場が悪化した宝塚記念で生きた。大本命が勝ったのに3連単は4万円超え。

 二度あることは三度あるで、今年も雨が降ったら穴馬要警戒だ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

関連記事(外部サイト)