【函館記念】虎視眈々サクラアンプルール「阿部幸太郎 オレの美味予想」

【函館記念】虎視眈々サクラアンプルール「阿部幸太郎 オレの美味予想」

記事画像



「ハゲー! 死ねば!?」と恫喝した女性議員も凄いですが、能天気なのが防衛大臣の稲田朋美様。都議会の応援演説で「防衛省自衛隊、防衛大臣としてもお願いしたい」と発言。これにはビックリ。公務員としての地位を利用した選挙活動を禁じている公職選挙法に完全に抵触しています。

 この方、これで弁護士だそうで、よく難関の国家試験をパスしたものだと、首を捻ってしまいます。なにより自衛隊を持ち出し、選挙演説する憲法違反もどこ吹く風。伊達メガネの奥で、つけまつ毛が風に微妙に震えて、落ちそうだったのが気がかりでした。

 さて、今週は「函館記念」です。昨年の優勝馬マイネルミラノが今年も参戦。連覇を狙っています。当時2着だったケイティープライドも出走予定です。

 そして、昨年の朝日杯FS優勝馬のサトノアレスが巴賞を勝ち、ルメール騎手で挑戦。また鳴尾記念を押し切ったステイインシアトル。勢いのまま連勝を狙っています。重賞で確実に上位争いに押し上げて来るルミナスウォリアー。北海道シリーズに強いツクバアズマオーも有力候補です。

 私はサクラアンプルール。前走の大阪杯で13着と大敗。目一杯のレースが続き、疲労困憊だった印象です。中山記念でG1級のネオリアリズムに肉薄する2着。中間は入念に調整が進んでおり虎視眈眈で不気味です。

■阿部幸太郎 プロフィール
1949年生まれ。宮城県出身。競馬評論家。専門誌に連載を持つほか、ユニークな語り口で競馬番組にも数多く出演。“アベコー”の愛称で多くの競馬ファンに親しまれている。

関連記事(外部サイト)