大関・高安「綱取りへの課題」

大関・高安の綱取りへの課題として気分屋なメンタル面指摘 優しすぎるとの意見も

記事まとめ

  • 大関・高安の綱取りへの課題として、最も多い決まり手であるはたき込みが問題だという
  • また、高安は気持ち重視で、メンタル面が相撲に良くも悪くも出るらしい
  • 加えて、白鵬、日馬富士らと違い、稀勢の里も高安も優しすぎて怖くないとの指摘もある

大関・高安「綱取りへの課題」

大関・高安「綱取りへの課題」

記事画像

 波乱の初日に、日本中が息をのんだ名古屋場所。目標の初優勝、その先にある横綱の座はつかみ取れるか!?

 名古屋場所から新大関となった高安(27)。兄弟子の横綱・稀勢の里(31)とともに“キセタカ”ブームを巻き起こし、今場所も連日、満員御礼となった。「場所前の会見では、“ここから上を目指すのであれば、まず優勝というものが必然になってくる”と、横綱への意欲とも取れる初優勝宣言をし、期待させてくれました」(スポーツ紙相撲担当記者)

 だが、初日は平幕の北勝富士に敗れ、黒星発進。「立ち合いのかち上げが、空振りに終わったことが敗因。そのせいで、すべてが後手後手になってしまいました。あれが決まっていれば、勝っていたでしょうね」(ベテラン相撲記者)

 スポーツジャーナリストの大野勢太郎氏も「当たりのかち上げでガツンというのが高安の取り柄」と絶賛するほどだが、なぜ決まらなかったのか。「相手も研究していて、かち上げがくるのが分かっていたから、低く当たったんです」(前出の記者)

 今後も先読みされ、得意技が効かないとなれば、大いに不安だ。「旧鳴門部屋は皆、腰が高いですからね。腰を下げること、低く当たれば、さらに強くなるのでは」(前同)

 また、好角家の漫画家・やくみつる氏も、これまでの強みがアダとなる可能性を指摘する。「高安関は立ち合いの当たりが非常に強い。あまりにも強いために、相手が吹っ飛んじゃうんです。そのため、当然、相手との間に距離ができる。そこで、楽をして、はたきたくなるんです。そうして、はたいて楽に勝ってきたことが大関になれた要因でした」

 確かに現在、高安の決まり手で最も多いのが、はたき込み。だが、横綱がはたき込みで勝てば、“横綱らしくない”という批判がしばしば巻き起こる。「皮肉にも、横綱を目指すには、そうした相撲ではいけない。距離があいてしまった相手に、距離を詰めて寄り切るとか。そういう取り口で10番勝てるようになれば、綱も見えてくるのではないでしょうか」(前同)

 また、前出の大野氏はメンタル面についても言及。「北の湖でさえ、新大関となった場所の初日は負けていますから、プレッシャーで固くなったんでしょう。新大関は、新横綱よりもプレッシャーが強いんです。昨日まで挑戦者(関脇)だったのが、今日からは受けて立つ(大関)という、真逆の立場になる。“負けてもともと”だったのが、“負けたらダメ”と萎縮する気持ち。それに慣れるというか、気にしないことですね」

 特に、高安の場合、メンタル面が相撲に良くも悪くも出るという。

「波に乗れば、ドカーンと連勝できる力士です。気分屋というか、気持ち重視でしょ。いい雰囲気になれば、横綱だって押し出せる。スポーツは気持ちの切り替え。悪いことは忘れて、いいことだけ覚えて、それを続けることですよ」(前同)

 加えて、“優しすぎる”という指摘も。「稀勢の里も高安も優しいんです。怒らないと思われている。白鵬だって怖そうだし、日馬富士でもそう。北の湖も、千代の富士も怖かった。違いは何か。根が優しいんです。それだと対戦相手も舐めるし、怖くない」(前出のベテラン相撲記者)

 そうした点が“キセタカ”が愛される理由でもあるが、勝負の世界では諸刃の剣。「蛇ににらまれたカエルのように、対戦前からすでに勝っているような気持ちで相手を押さえつけないと。たまに、怖いことを平気で言ったりとかね。テレビ中継のときに、笑っているようじゃダメですよ」(前同)

 さらに、大野氏は稽古について、こう助言。「部屋の中だけでは狭い世界です。他の部屋の関取衆と、何番もやることですよ。稽古なんて、無様でも、失敗しても、そんなの関係ない。本場所で勝てれば、稽古でたくさん失敗した分、強い力士になるもんです」

 高安は大関取りとなった夏場所前、初めて一人で出稽古を行い、横綱・鶴竜らと対戦している。ただ、このときは稀勢の里がケガで、稽古の相手ができないという異例の事態だったから。「先代(旧・鳴門親方の故・元横綱・隆の里)が、外で出稽古するなと言ったらしいですが、時代は違いますよ。モンゴル勢は、稽古とは外でするものと思っているほど。部屋は自分の家族で、敵は外。その自覚を持てるかどうか」(同)

 また、余計なお世話だが、「嫁取りすることが、横綱への強い責任になりますよ。結婚披露で、どれだけご祝儀が来るか。それも、大きな励みになります。高安も人気力士ですから、将来は部屋を持つでしょう。なら、自分が輝いているときに、嫁取りするべきです。稀勢の里が師匠だと言っていますが、彼もまだ未婚ですし……」(スポーツ紙相撲担当記者)

 多くの不安要素が出たが、これも期待の裏返し。名古屋場所も二日目からは連勝し、観客を大いに沸かせた。「“優勝”を口にした高安ですが、そこまでの安定感はまだない。馬力はついてきているし、これからです」(ベテラン相撲記者)

 “横綱・高安”となる日が待ち遠しい!

関連記事(外部サイト)