巨人惨敗日本シリーズで生まれた長嶋VS王「超遺恨バトル」

巨人惨敗日本シリーズで生まれた長嶋VS王「超遺恨バトル」

画像はイメージです

「19年前の仇を取ってもらいたいね」読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスの対戦となった今年の日本シリーズ。開幕直前、ソフトバンクの王貞治会長は、こう口にしていたという。 

 19年前のリベンジ。事の発端となったのは2000年に開催された、ソフトバンクの前身・福岡ダイエーホークスと巨人との日本シリーズ。王貞治、そして長嶋茂雄(現・巨人軍終身名誉監督)という球界のレジェンドが、監督として相まみえることになったのだ。

「20世紀の最後に、あのONが日本一をかけて戦うなんて、あれ以上のドラマはない。両球団のファンのみならず、全国の野球ファンが盛り上がりました」(当時を知る元記者)

 当時“ミレニアム対決”とも称された長嶋巨人と王ダイエーの決戦。しかし、ONそれぞれの立場は、同じ“巨人V9戦士”でも大きく違っていた。「王さんは、満を持して1984年に巨人の監督に就任しましたが、5年間で1回しか優勝できず解任。本人の無念さ、悔しさはかなりのものだったようです」(元巨人担当記者)

 その大きな屈辱をバネに、“世界のホームラン王”は95年、ダイエーの監督として再出発する。「ダイエーのオファーを受けた理由として、王さんは巨人と対戦しないパ・リーグの球団であること、そして、東京から一番遠い土地であることを挙げていたといいます。これは事実上の“決別宣言”だったのかもしれません」(前同)

 王の覚悟は、当時の背番号にも表れていたようだ。「王さんが巨人の監督をクビになったのが88年。本人としては、翌年も引き続き指揮を執るつもりだったわけです。そんな思いから、“89番”を選んだといわれています」(球界関係者)

 しかし、その頃のダイエーは、弱小の新興球団。監督の王はなかなか結果が残せず、心ないファンから生卵をぶつけられる事件まで起きた。

「親会社の業績不振もあり、補強すらままならない状況に、王さんは周囲から“そんな泥船に乗っていると、経歴に傷がつく”と退任を説得されたこともあったそうです。これに王さんは“泥船だからこそ、最後まで乗らなくてはいけない。それが監督の責任だ”と、キッパリと言い切ったといいます」(前同)

 そんな王の並々ならぬ決意は、徐々にチームを変えていく。そして99年、ダイエーは初のリーグ優勝、そして日本一に輝いた。

関連記事(外部サイト)