セ・リーグが今後、導入を検討する「DH制」の別の意味とは?<ダブルブッキング川元文太の『毎日ブラック大喜利』>

セ・リーグが今後、導入を検討する「DH制」の別の意味とは?<ダブルブッキング川元文太の『毎日ブラック大喜利』>

日刊大衆

 政治、経済、スポーツ、芸能……日々、新たなニュースが飛び交う現代社会。ダウンタウンの松本人志が大会チェアマンを務める『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)にも出場し、トップお笑い芸人からもその大喜利力が一目置かれる男、『ダブルブッキング』の川元文太。いとうせいこうも認める希代のネガティブ芸人が今、最も気になるニュースをブラック大喜利でブッタ斬る!!

■本日のお題

 

 プロ野球「日本シリーズ」は、ソフトバンクが巨人を4連勝で破って、3年連続で日本一に輝いた。巨人の原辰徳監督は、パ・リーグにDH制(指名打者制)があることが優位に働いていると指摘。セ・リーグでもすぐに導入すべきと語っている。

 DHとは「Designated Hitter」のこと。しかし、「DH」には実は別の意味もあり、それが原因でセ・リーグが導入を渋っているという噂もある。「DH」の別の意味とは?

関連記事(外部サイト)