苦境に負けない!野村克也監督の遺した「珠玉の金言」

苦境に負けない!野村克也監督の遺した「珠玉の金言」

画像はイメージです

『敗窮に勝機を知る』

 苦しいときでも、諦めなければ、活路は拓ける。日本が新型コロナウイルスの影響で逆境に追いやられている今こそ、この言葉が心にしみる。

 実はこれは、2月に亡くなった野村克也さんの名言の一つだ。「テスト生としてプロ入りした野村さんは、1年目オフに戦力外通告を受けながら、そこから稀代の名選手にまで上り詰めた。監督としても、率いたのは弱小球団ばかりでしたし、まさに逆境で戦い続けた人物でした」(ベテラン記者)

 そんな野村さんだからこそ、困難な状況を跳ね返すような、力強く我々を励ましてくれる言葉をたくさん残している。

『“もうダメ”ではなく“まだダメ”』

『執念こそが失敗を成功に変え、不可能を可能にする』

 どんなときも、諦めずに努力し続けること。野村さんは、困難な状況にあっても、自分を成長させるチャンスだと、ポジティブに捉えていたようだ。

「よく口にしていた言葉に“失敗と書いて成長と読む”というものもあります。自分の不遇を嘆くのは簡単だけど、つまずいて初めて気づくこともある。そのあたりが野村監督の根底にあった人生訓なのでしょう」(スポーツライター)

 ただし、苦難とは簡単に乗り越えられるものではない。自らを“不器用な人間”と評した野村さんにとっても、そうだっただろう。そして、苦難を克服した野村さんは、こんな言葉にたどり着いた。

『小事が大事を生む』

 大きなことを成し遂げるには、まず日々の小さな積み重ねから。これは、どんな人間であっても当てはまることだろう。

「ライバルだった長嶋さんや王さんに“彼らは天才だから、できない人間の気持ちが分からないんだ”なんてボヤいていましたが、2人の努力家の一面をよく知っていて、尊敬もしていた。実は3人とも“小事が大事”と思っていたのかもしれませんね」(前同)

 この続きは、現在発売中の『週刊大衆』4月20日号で。

関連記事(外部サイト)