長嶋茂雄、立教大時代の「六大学新記録」栄光の軌跡

長嶋茂雄、立教大時代の「六大学新記録」栄光の軌跡

画像はイメージです

「コロナウイルス禍で緊急事態宣言も出された今、プロ野球どころではないだろう。国内の感染拡大が終息し、世論がペナントをよしとしなければ、開幕は迎えられない」(球界関係者)

 3日に12球団の代表者が集まり、遅れている今季開幕の日程について話し合いが行われたプロ野球。

「結局、4月末か5月の初旬に、そのときの状況を考慮したうえで、日程を再協議することでお開きになりました。要は何も決められなかったということです」(スポーツ紙デスク)

 会議では、交流戦とオールスター戦の中止、CSの中止も俎上に載せられたという。最悪の場合、無観客で試合を行う案も浮上しているが、これについては、「客商売である以上、無観客は経営の根幹に関わるので、絶対に避けるべき」(セ・リーグ球団関係者)という意見が根強いようだ。

「球場を満席にせず、離れて座ってもらうなどの案も出ていますが、どの球団の代表も終始、険しい表情でした」(前同)

 早くても、6月中の開幕になることが予想されるプロ野球。テレビでも過去の名試合を再放送するなどして、ファンの期待に応えようとしているが、一寸先は闇と言えるだろう。

 今回は、長嶋茂雄(84=巨人軍終身名誉監督)と王貞治(79=ソフトバンク球団会長)の秘話を紐解いてみたい(以下、文中=敬称略)。

 昭和29年、立教大学に入学した長嶋茂雄は、野球部のレギュラーとして、さっそく東京六大学野球の春のリーグ戦に出場した。

 立東(立大VS東大)1回戦。試合途中から三塁の守備に入った長嶋は、2打数ノーヒット。これが大学リーグのデビュー戦だった。この日、1年生で出場したのは長嶋だけだった。

 初めてのリーグ戦では、11試合に出場して17打数3安打1打点に終わったが、5月下旬に長嶋の父親から手紙が届いたという。「頑張って、もっと練習に励まなければダメだ」手紙は息子を叱咤する内容だったというが、長嶋は一読して、「なんだか、いつもの父らしくないな……」と感じたという。

 長嶋の不吉な予感は的中した。リーグ戦が終わった6月2日の練習中に、「チチキトク」の電報が届いたのだ。新人リーグ戦が始まる6日前のことだった。

 父の利さんは、帰らぬ人となった。葬式をすませ、寮に戻ってきた長嶋は、新人戦で3番を打ち、5試合で22打数5安打。悲しみに耐え、活躍を見せた。

関連記事(外部サイト)