王、金田、長嶋が『週刊大衆』に語った!ホームラン級名言

王、金田、長嶋が『週刊大衆』に語った!ホームラン級名言

画像はイメージです

 球界の至宝が『週刊大衆』インタビューで語った名言集。まずは、1964年4月23日号に掲載された、王貞治から。64年は、55本のホームランを打ち、最多本塁打数(52本)を更新するシーズンだ。

「ホームランかっ飛ばした時の気持ちは?」と問われると、キャンプで日焼けした顔に白い歯を見せて、ニッコリ笑った。「スカーッとして爽快だねえ。何もかも忘れちまう」

 一方、「スランプで何かに頼りたくなるか?」と聞かれると、修羅場を知る勝負師は取りつく島もないほど、ぶっきらぼうに言った。「頼るものなどないですね。ボクらは自分だけが頼りなんです」

 続けて「勝負の世界に武士の情けがあるとしたら?」と問われるや、太い眉を上げ、キッと見つめた。「勝負の世界に武士の情けなんてないね。…そう、試合が終わってからなら、別だけど」

 王は66年3月24日号に再び登場。この年、恭子夫人と結婚することが決まっていた王に、インタビュアーを務める作家で僧侶の寺内大吉氏が「彼女には電話してる?」と直球質問。「ええ、毎日…。女の人は寂しがり屋だから。男なら離れていても平気だけど、女は、そうはいかんです」宮崎でのキャンプ中は毎日電話をして、電話代は10万円を超えたとか。

 最後に寺内氏が「王ちゃんも大リーグでやってみたいだろうね」と問うと、「そりゃ、やってみたいですね。最高でしょう。(中略)日本での成績は出ないだろうけどそれはかまわないと思うんです。…どこまでやれるか。魅力ありますね」

 実は、前掲の64年のインタビューで「どんな打者が目標か」と聞かれ、「ボクの場合はベーブ・ルースよりも(ルー・)ゲーリックですね」と回答。当時の王が、すでに海を越えて、野球の本場・アメリカを意識していたことが分かる。

「球界の天皇」と呼ばれた金田正一が登場したのは、国鉄所属最終年となった64年9月3日号。この年、金田は14年連続20勝という記録を達成している。

 そんな大投手の、繊細さが垣間見えるやりとりが残っている。「縁起を担ぐほうか」と問われ、
「案外かつぐほうやな。調子がすごく良かったり、また逆に悪い時といった、極端な時のほうが、ワシには多いな。この間、この道通って勝ったから、また通ってみようかとか、あそこの店で肉食ったら勝ったんで、また行ってみようかとかね」

 マウンドで孤独を感じるか、という問いにも、「しょっ中や。観衆がなければないほどな。つらい商売や」

 直情径行な言動がメディアを賑わせている点については、意外なほど冷静な分析をしてみせる。「ワシはそんなに放言しとらんよ。“人”ちゅうもんは他人が作るんや。他人および活字が勝手にね。しかしワシはあえて弁解せん」

 一方で、打ち立て続ける記録の数々については、矜持が見え隠れする。「そりゃ、誰かが破る。記録を破ることは、大変にしんどいもんや。ワシの記録を破ったら、そいつがワシのことを語ってくれる。金田は大変な人やいうてね」

 そう語ったが、金田の通算400勝、14年連続20勝という大記録はいまだ破られることなく、球界の金字塔として輝いている。

関連記事(外部サイト)