プロ野球12球団「監督たちの采配力」マル秘査定!

プロ野球12球団「監督たちの采配力」マル秘査定!

画像はイメージです

 早ければ、6月19日に開幕を迎えるプロ野球。興味深いことに、今シーズンは故・野村克也さんの薫陶を受けた監督が、6人もいる(高津監督、矢野監督、与田監督、辻監督、栗山監督、三木監督)。勝負に挑む男たちの実力を解き明かす!

 今年は、セ・パともに異例尽くしのシーズンとなる。「日程の短縮のため、交流戦なしの全120試合で戦います。去年はリーグ戦で125試合、交流戦で18試合の143試合ですから、大幅減。加えて、クライマックスシリーズ(CS)もない予定。ペナントを10月いっぱいまでやって、11月に日本シリーズという流れです」(スポーツ紙デスク)

 野球評論家の江本孟紀氏は、こんな指摘をする。「実質的な短期決戦ですから、すべてを選手任せにしているチームは浮上できない。監督の能力が問われるシーズンになるはずです」

 つまり、例年以上に監督たちの「采配力」が重要という。では、それを具体的に見ていこう。

 まずは巨人の原辰徳監督。昨年、2番坂本勇人、3番丸佳浩、4番岡本和真の強力打線が機能し、5年ぶり37度目のリーグ優勝を果たした。

「今年の鍵になりそうなのが、スタートダッシュ。試合数が少ないので、後半の巻き返しが厳しい。原監督はそれを見据えて、菅野智之の中5日登板を考えています。その場合、球数を制限し、6〜7回まで。多少の無理は承知です」(スポーツ紙巨人担当記者)

 前出の江本氏は「場合によっては、中4日の可能性もある」と、さらに踏み込むが、各チームともエース級投手の登板機会を増やす戦略は、今シーズンのセオリーになるかもしれない。

「菅野の中5日については、故障で6月開幕に間に合わないメルセデスの復帰まで。その間、戸郷(翔生)、鍬原(拓也)がローテを守れるかどうかを見極めて、終盤は菅野を中6日に戻す作戦のようです」(前出の巨人担当記者)

 昨シーズン、DeNAを22年ぶりの2位に押し上げたラミレス監督。就任4年目の今年は1年契約で、まさに勝負の年になる。ラミレス監督の武器は、“奇策”ともいえる戦術だ。

「昨季のホームランバッターの筒香(嘉智)の2番起用や、8番にピッチャーを置き、9番にシュアな打撃の選手を置く独特のオーダー。また、中継ぎを先発させたり、細かな継投など、コマ不足気味の戦力を全部使って勝利を奪いにいきます」(民放局野球担当記者)

 19年のDeNAはチーム打率、防御率ともに5位。投打ともに戦力が劣る中で、リーグ2位の成績は評価されるべきだろう。

「意外ですが、一度信じた選手は調子が悪くても使い続けます。今年でいえば、4番に4年目の佐野恵太を置くと決めたそうです。戦略的に選手を使い分けますが、外す理由を選手本人も分かっているので、不平不満は少ないです」(前同)

関連記事(外部サイト)