貴乃花、千代の富士、旭天鵬…「伝説の夏場所」舞台裏

貴乃花、千代の富士、旭天鵬…「伝説の夏場所」舞台裏

画像はイメージです

 新型コロナ感染拡大の影響で、当初5月24日に始まるはずの大相撲夏場所の開催は中止に。7月19日に名古屋場所を国技館で開催することで現在、調整しており、それまで相撲が見られないのは、ファンならずとも寂しいところ。

 そこで、これまでの夏場所の名シーンを振り返りつつ、大相撲の魅力を再発見してみたい。

 夏場所で真っ先に思い出すのが、1991年夏場所初日の貴花田−千代の富士戦だ。大関・貴ノ花の次男で当時18歳の貴花田と、35歳の大横綱との初対戦に、多くの国民の目がくぎづけとなった。

 しかし、勝負は意外なほど、あっけなくついた。貴花田が頭を低くして千代の富士の懐に飛び込むと、右を差して左からも強力なおっつけを見せる。そのまま土俵際まで追い込んで、貴花田が勝利したのだ。

「土俵を割ったときの千代の富士の表情が印象的でしたね。“クソーッ!”じゃなくて、“やられたな……”という苦笑いを見せたんです」(スポーツ紙記者)

 かつて、父の貴ノ花が新鋭だった千代の富士に敗れて、引き際を悟ったように、このとき、千代の富士の脳裏にも「引退」の二文字がよぎったという。3日目、貴花田と同じ藤島部屋の貴闘力に敗れた千代の富士は、ついに引退を決意した。

「体力の限界! 気力もなくなり、引退を決意いたしました」と、涙ながらに会見で語ったことも忘れられない。

 それから10年。大横綱となり“貴乃花時代”を築いていた貴乃花は、ケガに苦しめられ、01年初場所で2年ぶりの優勝を飾った。こうして臨んだ夏場所は、初日から13連勝。ところが、14日目の大関・武双山に巻き落としで敗れ、左ヒザを負傷してしまう。

 千秋楽は休場か、と危ぶまれる中、貴乃花は強行出場する。結びの一番、武蔵丸との対戦は、武蔵丸が右に変わっての突き落としで勝ち、2敗で並んだ2人は優勝決定戦に進んだ。

「あのときの貴乃花は、誰が見ても相撲を取れる状態ではなかった。決定戦に出てきたときは、館内のお客さんも息を飲んで見つめていましたね」(専門誌記者)

 そんな状況の中、奇跡は起こった。貴乃花は左ノド輪から左上手を取り、武蔵丸が左上手を取りにいくところを気力を振り絞って、上手投げを決めたのだ。

 勝利の瞬間、貴乃花が土俵上で見せた気迫の表情は、「鬼の形相」と称された。表彰式では、小泉純一郎首相(当時)が、「痛みをこらえて、よく頑張った! 感動した!!」と貴乃花の奮闘を称えたが、これが貴乃花最後の優勝となってしまうとは当時、誰も思わなかっただろう。

関連記事(外部サイト)