プロ野球、ペナント序盤戦「テレビに映らない」衝撃10大事件の真相

プロ野球、ペナント序盤戦「テレビに映らない」衝撃10大事件の真相

画像はイメージです

  コロナ禍により、開幕が3か月遅れた今季のプロ野球。異例のシーズンを象徴するかのように、ペナント序盤戦から、多く“緊急事態”が発生している。

 まずは、各チームの「主力投手に故障者が続出」。6月26日のオリックス対ロッテ戦。オリックスのエース、山岡泰輔は今季の2試合目、わずか3球を投げたところで緊急降板。翌日、左脇腹の肉離れで登録を抹消された。

「山岡の離脱は、球界に衝撃が走りました。侍ジャパンにも選出された、球界を代表する投手ですからね。これに続いて、最速161キロを誇る巨人の守護神、デラロサが7月5日の中日戦でビシエドに本塁打を打たれた直後、体に違和感を訴え緊急降板。同じく左脇腹の肉離れで戦線離脱しました」(スポーツ紙デスク)

 この2人以外にも、田口麗斗(巨人)や藤川球児(阪神)、石川雅規(ヤクルト)、大瀬良大地(広島)など、主戦級投手が次々コンディション不良で登録を抹消されている。はたして、これらは偶然なのだろうか。

「元巨人の堀内恒夫氏は“すべてコロナのせい”と言っています。具体的には、開幕が3か月遅れたことで、キャンプで一度作った体がその間に元に戻ってしまった、と。“バッター以上に投手の体作りは難しい。例年以上に故障者が多いのも、打高投低になっているのも、コロナによるものだ”とも指摘していました」(前同)

 コロナ禍により、当初は無観客、7月10日以降は5000人を上限とした観客数制限を強いられているプロ野球。そんな状況ならではの「サイン盗み」が発生したのは、7月18日、楽天生命パーク宮城における楽天対西武戦のこと。

「8回裏に入る際、辻発彦監督が主審に何か抗議したんです。バックネット裏席の観客から“インコース!”などと、西武の捕手、森友哉が構えたミットの位置を伝達するような声が飛んでいたんです。確かに、これはサイン盗みと一緒です。

 客席からの声援がない今年は、とにかく声がよく通る。ベンチから、 “なめてんのか!”といった品のない怒声もよく飛んでいます(笑)」( スポーツ紙記者)

 結局、辻監督の一件は、場内に注意喚起のアナウンスが流れて収束。翌日から楽天は警備員の巡回を強化している。

関連記事(外部サイト)