元楽天監督・デーブ大久保インタビュー「自衛隊レンジャー訓練が楽に見えた」常勝・西武の裏側

元楽天監督・デーブ大久保インタビュー「自衛隊レンジャー訓練が楽に見えた」常勝・西武の裏側

画像はイメージです

 黄金時代の西武ライオンズに入団し、巨人に移籍後は“大久保が打てば、負けない”とまで言われた、チャンスに強い打撃とガッツあふれるプレーでファンを魅了した大久保博元氏。

 球界のレジェンドたちとも交流の深い大久保氏に、西武と巨人との違いから大スターたちの素顔、日本一の行方まで語ってもらった。

※    ※

ーー1980年代の西武は圧倒的な強さを誇り、まさに常勝軍団の名にふさわしいチームでした。84年に大久保さんは入団をするわけですが、当時の様子は、どのようなものでしたか。

大久保 当時のチームカラーをひと言で表すなら、完全な結果主義。球団代表自ら選手たちに、「うちは優勝以外ない、2位もビリも一緒」と言っていたほどです。日本一になって、ようやくライオンズ。そういった教育に、選手たちも全力で応えていました。

ーーまさに強豪チーム、といった方針ですね。

大久保 よくキヨ(清原和博氏)と話したのは、PL学園に似てるよなってこと。「甲子園に出るのが当たり前で、優勝するのが使命だったんだろ?」って尋ねたら、「まさに、そうです」って言っていた。ただPL学園と違い、プロは職業野球なので、もっと厳しい環境でしょう。

ーー常勝チームには共通する雰囲気がありますか。

大久保 先日、ニュースで、僕らの頃のクラシックユニフォームを、今のライオンズの選手が着ているのが映ったんです。それを見ると、思うものがあって。

ーーユニフォームを見てですか。

大久保 ライオンズは根本陸夫さんが試行錯誤をして作り上げてきたチームです。当初は全然勝てなかったのが、世紀のトレードなどを経て強くなっていった。すると、最初は弱く見えたこのユニフォームが、黄金期に入ってから、相手には相当強く見えたんだろうなって。そんなチームの歴史を垣間見たような気がしましたね。

関連記事(外部サイト)