巨人&ソフトバンクから大量ランクイン!2020年プロ野球“最強”ベストナイン

巨人&ソフトバンクから大量ランクイン!2020年プロ野球“最強”ベストナイン

画像はイメージです

 2年連続の同カード対決となった「巨人VSソフトバンク(以下、SB)」の日本シリーズ。この頂上決戦が終われば、2020年シーズンもオフに突入する。

「投打とも部門別のタイトルが決定。1月17日に都内のホテルで開催されるNPBアワーズで、新人王やMVP選手、ベストナインも発表されます」(スポーツ紙デスク)

 両リーグの覇者である巨人とSBの選手は、タイトル争いでも健闘し、ベストナインにも多く選ばれる可能性が高いが、本誌では一足早く「最強ベストナイン」を選出してみた。

 まずは、投手陣から。「先発ローテを考えて5人挙げるなら、巨人の菅野智之(31)、先だってFA宣言せずに中日残留を決めた大野雄大(32)、SBの千賀滉大(27)は当確でしょう。3人合わせて36勝、防御率平均1.98ですから、この3人が同じチームなら、優勝は間違いなしですね」(球界関係者)

 中でも、エースを一人選ぶなら菅野になるという。

「昨季、悩まされた腰痛を克服するために、腕から始動するフォームに改造し、不退転の覚悟で今期に臨んだ。投球的には、真っすぐの球威が戻ったのと、フォークが効いた。開幕13連勝のプロ野球記録を作ったのも納得です」(前同)

 初の沢村賞を受賞した大野も、今季は絶好調だった。

「継投がセオリーになっている現代野球で10完投した大野には、“見えない功績”もある。大野が投げる日は中継ぎが休めますからね。コロナ禍による過密日程で行われた今シーズンだからこそ、大野のような投手は貴重だったんです」(同)

 千賀は開幕直前に右脚ふくらはぎを痛めて開幕投手の座を譲ったが、フタを開ければ最多勝、最優秀防御率、最多奪三振のタイトルを獲得。代名詞の“お化けフォーク”も健在だった。

 難しいのが先発残り2枠だ。千賀と同数で奪三振のタイトルを取ったオリックスの山本由伸(22)や、11勝を挙げて最多勝と最高勝率の二冠に輝いた石川柊太(28=SB)もいる。ただ、

『週刊大衆』は楽天のエースとして稼働した涌井秀章(34)と、10勝を挙げた新人王の最有力候補、森下暢仁(23=広島)を選出したい。

関連記事(外部サイト)

×