池江璃花子、100自もV…リレーメンバーで五輪内定

池江100自でVリレー五輪内定

 東京オリンピック代表選考を兼ねる競泳の日本選手権は8日、東京アクアティクスセンターで第6日が行われ、女子100メートル自由形決勝で池江璃花子(ルネサンス)が53秒98で優勝した。池江は400メートルリレーのオリンピック派遣標準記録(54秒42)を突破し、リレーメンバーとしての代表に内定した。

 個人種目の派遣標準記録(53秒31)には届かなかった。

 前日には予選でいきなり54秒30。午後の準決勝はあえて前半は力を抜き、後半にペースを上げる戦略を試した上で、54秒36をマーク。決勝に向けて「イメージ通りの泳ぎができている。53秒台を目指す」と話していた。

 2年前に白血病であることを公表し、闘病生活を経て昨年夏に実戦復帰した池江は3年ぶりの日本選手権出場で、すでに決まっている400メートルメドレーリレーと合わせて、2種目でオリンピック代表内定となった。

 女子400メートルリレー代表内定(池江、酒井夏海=スウィン美園、五十嵐千尋=T&G、大本里佳=ANAイトマン)

 女子400メートルリレーの選考方法

〈1〉100メートル自由形決勝で上位4人の合計タイムがリレーの派遣標準記録(3分37秒68)を上回れば上位4人を選考。

〈2〉上位4人の合計タイムがリレー派遣標準記録を切れない場合は、1人平均の派遣標準記録(54秒42)を突破した選手を選考。

〈3〉なお決まらない選手は選手選考委員会で選考。

関連記事(外部サイト)