時代遅れの閉鎖的な日本・大会に新たな打撃…小林賢太郎さん解任に海外メディア

時代遅れの閉鎖的な日本・大会に新たな打撃…小林賢太郎さん解任に海外メディア

小林賢太郎さん

 東京五輪開会式の前日、演出を担当する小林賢太郎さんが解任されたことを、海外メディアも「主催者への打撃」などと一斉に報じた。

 仏AFP通信は、開会式演出の統括責任者など辞任が相次いだことに触れた上で、小林さんを「不名誉の中で開会式チームを去る最新のメンバー」と紹介。「パンデミック(世界的な大流行)で延期された大会にとって新たな打撃」と報じた。

 米AP通信は東京五輪・パラリンピックの招致活動を巡る不正疑惑を受けて日本オリンピック委員会(JOC)会長が退任したことに言及し、「開催決定以来、スキャンダルに悩まされてきた」と伝えた。

 またロイター通信は、「自信を持って国際的な未来に立ち向かう姿を発信するはずだったが、我々が目にしたのは、過去の偏見や時代遅れの固定観念に縛られた閉鎖的な日本の姿勢だった」とする広報専門家のコメントを紹介した。

関連記事(外部サイト)