世界選手権、高梨沙羅6位…ルンビ初優勝

高梨沙羅 世界選手権は6位

 ノルディックスキー世界選手権は27日、オーストリアのゼーフェルトでジャンプ女子個人ノーマルヒル(HS109メートル、K点99メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は101メートル50、102メートルを飛び、合計236・7点で6位だった。259・6点のマーレン・ルンビ(ノルウェー)が初優勝を飾り、日本勢は伊藤有希(土屋ホーム)が15位、丸山希(明大)が17位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)が28位。距離男子15キロクラシカルは、宮沢大志(JR東日本スポーツ)の26位が日本勢最高で、マルティンヨンスル・スンビ(ノルウェー)が優勝した。