京大出身の山西、全日本競歩制す…世界選手権へ

全日本競歩 山西利和が初V

 陸上の全日本競歩能美大会が17日、石川・能美市営20キロコースで行われ、山西利和(愛知製鋼)が1時間17分15秒で初優勝を飾り、今秋の世界選手権ドーハ大会の日本代表に内定した。山西は京大出身で、昨夏のアジア大会銀メダリスト。川野将虎(東洋大)が9秒差の2位、池田向希(同)が3位に入った。4年前にこの大会で世界記録を樹立した鈴木雄介(富士通)は4位だった。