卓球W杯団体戦、日本女子4強…ルーマニアに3―0

卓球W杯団体戦、日本女子4強…ルーマニアに3―0

卓球W杯 女子が団体戦で4強

卓球W杯団体戦、日本女子4強…ルーマニアに3―0

女子準々決勝でルーマニアのペアに勝利した石川佳純(左)、平野美宇組(8日)=大原一郎撮影

 卓球・ワールドカップ(W杯)団体戦第3日(8日・東京体育館)――女子準々決勝で、日本はルーマニアを3―0で破り、準決勝に進んだ。第1試合のダブルスは石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)組が、第2試合のシングルスも伊藤美誠(スターツ)が快勝した。第3試合のシングルスは石川がフルゲームの末競り勝った。7日の男子準々決勝は、日本がドイツに3―1で逆転勝ちし、準決勝に駒を進めた。