卓球W杯、日本女子は銀メダル…中国に0―3

卓球W杯、日本女子は銀メダル…中国に0―3

銀メダルを獲得した(左から)石川佳純、佐藤瞳、伊藤美誠、平野美宇(10日)=大原一郎撮影

 卓球・ワールドカップ(W杯)団体戦最終日(10日・東京体育館)――男女の決勝が行われ、女子は日本が中国に0―3で敗れ、銀メダルに終わった。日本は第1試合のダブルスを落とし、シングルスでも伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)が敗れた。男子は、中国が韓国を3―1で下して優勝した。中国は女子が9連覇、男子が8連覇を達成した。