五輪エンブレムにコロナ重ねた図柄を削除方針…外国特派員協会

 東京五輪の大会エンブレムに新型コロナウイルスの図柄を重ねたデザインが日本外国特派員協会の月刊誌に掲載された問題で、協会のカルドン・アズハリ会長が21日、オンラインで記者会見を開き、デザインがエンブレムの著作権を侵害する可能性を認め、図柄を削除する方針を示した。

 月刊誌の4月号には、表紙に美術家の野老朝雄さんが考案した「組市松紋」の五輪エンブレムにウイルスの図を織り交ぜた形のデザインを掲載。図の下部にウイルスが引き起こす疾病を表す「COVID―19」の文字も記しており、大会組織委員会が抗議していた。

 組織委の武藤敏郎事務総長は同日、協会から同様の報告を受けたことを明らかにしたうえで、「適切に判断をしていただいた」と述べた。

関連記事(外部サイト)