バスケ日本代表の男女主将、五輪1年延期には前向き…ネット番組に出演

 昨季のバスケットボール日本代表で男女それぞれの主将を務めた篠山竜青(川崎)と高田真希(デンソー)が23日、日本バスケットボール協会のインターネット番組に出演した。

 互いの代表チームの印象を尋ねる視聴者からの質問に対し、篠山は「女子は世界の強豪。先に世界に出て行った経験から学ぶことがたくさんある」、高田は「男子はすごい勢いで盛り上がり、実力も付いてきている。良い関係で切磋琢磨(せっさたくま)できる」と回答した。

 また、出演後のオンライン取材では、東京五輪の1年延期の影響について「若い選手が多いので色々な経験値を高めることができる」(篠山)、「日本の緻密(ちみつ)なバスケットをより洗練させることができる期間」(高田)と、共に前向きだった。

関連記事(外部サイト)