内山「選手に、いい刺激を」…テニストッププロが学生と組んで団体戦

 テニスの西岡良仁(ミキハウス)、内山靖崇(積水化学)ら国内トップのプロ選手が、プロ志望の学生と組んで団体戦を戦う「プラスパワーカップ」が1日、千葉県柏市で開かれた。新型コロナウイルスの影響で試合機会に恵まれない高校生や大学生を支援しようと、全日本男子プロテニス選手会が初開催。プロと学生3人ずつの2チームがシングルス、ダブルスの計6試合で争った。内山は「将来日本のテニスを担う選手たちに、いい刺激を与えなきゃいけない使命があると思う」と語った。

関連記事(外部サイト)