金足農業ナインの戦い 秋田っ子・新行アナ“魂”のレポート!

第100回全国高校野球 決勝 金足農ー大阪桐蔭 試合に敗れ、涙する金足農の吉田ら  提供:産経新聞

ニッポン放送「草野満代 夕暮れWONDER4」(8月21日放送)では、この日、最終日を迎えた第100回全国高校野球選手権記念大会の決勝戦「大阪桐蔭 対 金足農」の試合を観戦したニッポン放送・新行市佳アナウンサーが電話出演し、現場の雰囲気をレポートした。新行アナウンサーは、東北・秋田県育ち。そんな秋田っ子の新行アナが決勝戦の模様をアツくレポートした。

新行)まもなく、夏の高校野球 第100回大会がスタートします!

しかし、初回に3失点と大阪桐蔭打線に捉えられた吉田投手、4回に宮崎選手に3ランホームランを浴び、追加点を加えられる。このあたりから、新行アナウンサーの声が陰り始める――。

新行)1番の宮崎君がホームランを打ちました。追加点3点を挙げました。大阪桐蔭 対 金足農業、9-1。

その後、根尾昂選手に2ランを浴びるなど5回で12失点となる。

新行)5回の裏が終わって12-1。大阪桐蔭の打線が火を噴いて、5回の裏、6点を追加しました。学生はうつむいていますが…まだ金足農業の生徒たちは諦めていません!

そして7回表、金足農業が追加点を挙げる――

新行)7回表、金足農業が1点を返しました!12-2!金足農業のスタンドが勢いを盛り返してきました!

そして、9回裏、金足農業の攻撃。ツーアウト、金足農業、最後の打者が打席に立つ。新行アナウンサーの声は、気のせいか、若干、涙を我慢しているような声になっている。

新行)菊地彪吾選手がボールを打ち上げて…3アウト、試合終了。金足農業は、東北勢初の優勝にはなりませんでした。終了のサイレンが鳴り響いています。金足農業のスタンドからは『ありがとう』という声が聞こえます。…王者・大阪桐蔭は強かった。

秋田っ子・新行市佳アナウンサーのレポートは、秋田県民も、東北の方も、そうでない方も、胸がグッと熱くなりました。

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

radikoのタイムフリーを聴く

関連記事(外部サイト)